塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【2020年】ピーター・ナバロ、ダウは32,000へ!

塾長です。

トランプ政権で今一番キャラの立っているピーター・ナバロ(貿易アドバイザー)を取り上げる日本のニュースが少なくて、塾長はいつも残念に思ってるヨ。

昨日(かな?)、彼がFOXのインタビューに応えたヨ:

www.youtube.com

・フェイク・ニュース、左翼はリセッションを待ち望んでいるだろうが、そうは行かない。

・2020年、GDP成長率3%近くを達成、ダウはすぐに30,000を突破、年末までに32,000。もし、新NAFTA成立、金利引き下げがあれば。

・消費者は楽観的で力強く、5つの通商交渉(日本、韓国、中国、カナダ、メキシコ)がまとまり、NDAA(National Defence Authorization Act)成立し政府が景気を後押し、アメリカが投資最適地となり投資を呼び込める。

・日本とのディールは、$7Bの農産品輸出でアメリカ農家に利する。対カナダ、メキシコは、農家に加えて自動車。中国は2017年比で$200B以上の商品を2年に渡って買う。そのうち1/4が農産品。英文86ページを中国語に翻訳中。

・ニュースで、Phase1は難しい問題;IP盗用、通貨価格操作が含まれてない、と言っていたが、そんなことはない。読めばわかる。

・中国製/中国パーツを使うドローンは危険。中国製品全般、データは中国のサーバーに送られる。どんな恐ろしい事が起こるか考えてみてくれ。

 

 

いやー、すぐにでも、SAWとか、サイコ映画に主演できそうじゃない?ピーターをもっと盛り上げようよ。