塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【米銀行業界】この先どうなるの?【教えて、リチャード!】

塾長です。

日本ではBank of Americaとか大手4、5行しか知られてないけど、アメリカには銀行が5,000とかいうレベルでたくさんある。

Consumer Bankers Associationのリチャード・ハントに今後の見通しを聞いたヨ:

www.youtube.com

 ・経済に自信もってる。消費者、[ローンの]申請に自信。

・歴史上最もピカピカのクレジットを持ってる。

・引き受け業務も。

・2020年に非常に自信を持っている。

・BB&T、SunTrustのニュースがあったように、今後も銀行間の統合が続く。

・去年だけで250行、4%がなくなった。ほとんどがコミュニティー銀行。

・ミレニアム世代は、テクノロジーが進歩している大手銀行を選ぶ。

・99%の手続きをiPhoneでやる。支店に出向かない。

・今後も250行くらいは統合されたり、なくなったりする。

・でも、地方に行ったら、そこでの特別な強みがあったりするものだ。

・VISAがPlaidを買った。銀行はまだまだやることがある。客は銀行を24時間、週7日使いたい。とてもポジティブに見ている。

 

 

 

Plaidは、銀行口座にアクセスするためのAPIを提供する会社。

Paypalなんかが使ってたはず。

銀行口座から直接引き出せれば(クレジットカードとか、Paypayとかを中抜きすれば)、手数料が減って、お店も、消費者もハッピー。

地方銀行に口座を持っていても(Plaidに対応していれば)、大手銀行と使い勝手が変わらなくなる可能性はあるネ。