塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【AskHalfTime】Mckesson、Teladoc、新興国、Yumはどうなのよ?

塾長です。

AskHalfTimeのお時間ですヨ:

www.youtube.com

・McKesson(MCK)。今日RW Bairdがoutperformにupgrade。その理由はひとえに質の良い収支報告とガイダンス。まだ[オピオイド問題の]告訴の懸念はある。その懸念が完全になくなるまでは、プライス・ターゲットに届かない。少しポジションを持つのは良い。期待はしない方が良い。

・Teladoc。この株が上がっているのは、ヘルスケアにおける、この先10年続く大トレンド。ヘルスケア・サービスを根本から変える。12月から40%も上昇しているので、安いとは言えないが、俺は持っているよ。アグレッシブに買収している。保険会社と政府がヘルスケアで節約する一つの方法が、電話やスクリーンを通した診療であると信じるならば、買いだ。

新興国市場。中国からインドに製造業が移るとは思えない。とは言え一部は小さい国に移るだろうから、分散投資した方が良い。弱いドルを楽しんで、取引しなさい。

Yum Brands(YUM)。決算ミスがあったが、マクドナルドなどとバリュエーションを比べたら、安い。22倍。問題ない。

 

 

Yum Brandsはケンタッキー、ピザハット、タコベルを持っているところだネ。

19年5月からちょっと上がり過ぎて、19年10月に急落。そこを除けば、5年チャートは綺麗な右肩上がり。

ベジタリアンブームなので、ケンタッキーはつらいかな?ピザやタコスはOKだけど。

ちなみに、Yum ChinaはYumからスピンオフして、別会社。中国市場が伸びると思う人は、Yum Chinaの方を買ってネ。