塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

新型肺炎、IT企業への影響は?

塾長です。

Oak Associates Fundsロバート・スティンプソンが、新型肺炎のIT企業に対する影響を語ったヨ:

www.youtube.com

・1月から新型肺炎発生。それ以来Nasdaq100は11%上昇。

 2月PMIは予想に達しなかったが、人々が恐れているほどテック・セクターにとっては問題でない。

 テクノロジーは分散されたセクターだ。ソフトウェア企業、ITサービス企業、インターネット起業は、新型肺炎の恐怖に晒されていない。

Appleにとっては、需要が後ろ倒しになるだけ。

・高値の企業は株価修正のリスクがある。

 CiscoIntelIBMといったブルー・チップは、見通しが明るい。

・プライベート市場は、ベンチャーキャピタルプライベート・エクイティーの金が大量に入っていて、バブルに近い状態。

 IPOまでの期間が長くなっている。IPO市場の調子も良くない。注意が必要。

 

 

新型肺炎を今の調子で抑え込められれば、ソフトウェア企業などへの影響は低い、ってサ。

インドに広がったらそんな事言っていられなくなるネ。

製造業のアキレス腱は中国。ソフトウェア開発のアキレス腱はインド。

IBMCiscoマイクロソフト・・・、みんなインドに開発拠点を持っている。

季節が進み、気温が上がり、ウィルスの活動が鈍る可能性はある。

そうならなければ、インドで新型肺炎が爆発的に広まる。

ITに限らず他の産業にも影響でる。

例えば、今の車は組込みソフトウェアを大量に使ってるから、車産業だって危ない。

その準備はしておきましょう!