塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【Fundstrat Global】過去データから、今は買いどき【トム・リー】

塾長です。

Fundstrat Global執行役トム・リーに、買い時を聞いたヨ:

www.youtube.com

新型肺炎がピークをつけたかどうは分からない。

 [2/24に株価は]3%下落した。

 リセッションではない。PMIは50を超えている。

 1948年以来、同様な事象が47回発生。

 94%は6か月後にそれより高くなった。

 90%、12か月後、高かった。

 なので、買っても良い(buyable)と考えている。

・市場は2進法の結果を織り込めない。リセッション入りする可能性を無視するのは難しい。

 しかし、米国株が売られるべきでない理由はある。

 世界を見渡して、安全な取引。

 米国企業の優越性は元に戻る。

 パンデミックが起こると決まったわけではない。

 あなたがアクティブ・マネージャだったら、顧客の半分以上は投資している必要がある。株を持たないわけにはいかない。

 マクロの顧客でさえ、100%キャッシュはあり得ない。

・市場は、米国での新型肺炎蔓延を50%程度織り込んでいると思う。

 それが株価急落、VIX上昇に表れている。

 デリバティブ市場はこれが数か月続くと読んでいる。

・10年国債、30年国債金利低下は、我々が恐れるべきだと言っている。

 しかし、10年と30年のスプレッドを見てみると興味深い事に拡大している。

 これは短期的な経済的打撃と、それから大きく回復することを示している。

 10-30年国債の差は、ここ50年使われてきた指標。間違ったことは数回しかない。

 

 

バックミラーを見ても、先の事は分からない。

どこが買い時かなんて分からないネ。

5年、10年の長期でみれば、いつでも買い時。

バブル崩壊や戦争でも起こらない限り。

こんな時は、自分でエントリーポイントを決めておくと良いでしょー。

「落ちるナイフはつかむな」と言われるけれど、反転後、上がっている途中で買うのも難しいヨ。