塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

修正後の買い時はいつ?【教えてトニー!】

塾長です。

Conaccord Genuityトニー・ドイヤーが買い時を易しく解説してくれてヨ:

www.youtube.com

・コロナウィルスが無かったとしても、株価に修正は入っただろう。

 Correctionは定義上、自然で普通で健康的だ。その中にいない限りは。

・まずビュッと下落した(whoosh low)。

 バーニー・サンダースが大統領になるかも、とか、国民全員がコロナウィルスに罹るとか、の行き過ぎた恐怖から。

 このようにドサッ(thumping)と落ちたのは、2015年8月、2018年2月。

 これらwhooshの1、2週間後、大きく反発した。

 そして、現実、ファンダメンタルズの劣化がデータに表れ、株価は下がる。

 その時は買いだ。

 なぜなら、金融刺激策が期待できるから。

・今朝我々はノート「Post Woosh, Pop and then Flop」を書いた。

 この2日間の下落で全員が売り切れたわけではない。

 短期には売り過ぎに見える。中期では、良く言ってニュートラル。

 もっと売りが出てくる。

 その一時的な低価格に対して、買いが入る。

 その後、ファンダメンタルの悪いデータが出て、全員が怖くなって売る。

 そして、金融刺激策だ。

・0.25%カットでは足りない。

 コロナウィルスの前からインフレを1.6%以上に上げられず、FEDは頭がおかしくなっている。

 彼らは持っているものを全て使うだろう。欧州のようにならないために。

 

 

なるほどねー。悪いデータが出るまで待たなきゃダメだってサ。

でも、今年は選挙の年ですよ?

その前に手を打ってくるような気がしてならないのだが・・・。