塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【新型肺炎】日本は信用されてません。【追記あり】

【米国におけるインフルエンザの情報を追加したヨ】

 

塾長です。

コロナ関連ニュースで株価が上下するのを見るだけの毎日。

世界中で国境閉鎖、移動制限、レストランなどの閉鎖・・・が起きている。

アメリカでは「今がイタリアになるか、(うまく行っている)台湾・韓国になるかの瀬戸際」なんて言われたり。

なぜここで日本の名前が出てこないの?って思わない?

こちら、CNBCによるスコット・ガトリ博士のインタビュー、日本に関係するところだけ:

www.youtube.com

・日本は早期の封じ込め施策が機能したようだ。

・検査してないだけで、もっと広がっていると感じていた。

 しかし、2週間、3週間たっても患者数が増えない。

・日本は幸運だったのか、早期の封じ込め施策が効いたのか、顕在化せずにウィルスが広がっているのか、分からない。

 

 

日本はLuckyだからコロナが広がらないんじゃないの?なんて言われちゃったヨ。

 

様々なニュースでも取り上げられているとおり、日本のインフルエンザ患者数は例年に比べて激減。

半分とか、1/3というレベルで。

これは東京都の情報:

東京都感染症情報センター » インフルエンザの流行状況(東京都 2019-2020年シーズン)

f:id:alibertarian:20200321094354p:plain

定点医療機関当たり患者報告数 2020年3月15日 東京都感染症情報センター

 

【追記】これだけだと、今年はたまたまインフルエンザが流行らない年なんじゃないの?って疑問が沸くよネ?

もしくは、他の国だって、同じように気を付けてるんじゃないの?って。

こちらは米国のインフルエンザ患者数:

f:id:alibertarian:20200321151749p:plain

米国、インフルエンザによる入院数、累計

Weekly U.S. Influenza Surveillance Report | CDC

累計なので、日本のグラフと形が違うけれど、2019-2020の赤い線が、他の年(シーズン)とほとんど変わらないのが分かる。

 

 

日本の視点からすると、現時点で大流行を抑え込めているのは、評価されても良いんじゃないか、と思う。

一方、米国の視点では、「日本は信用できない」。

日本株が評価されないのも、同じ構図。

 

ちなみに、今の米国の対策方針は

・国を閉鎖

・人の接触を制限

・とにかく検査をいっぱいして、患者を発見

・コロナ専用病院・病棟を作って患者を隔離

になっている。

まだ専用病院はできていないけれど、観光客がいない/移動制限がかかって客のいないクルーズ船や、ホテルを病院として使う案が議論されているヨ。

 

中国を見習ったのか、エリート層が国を治めると同じ施策・政策になるのか・・・。