塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【レオン・クーパーマン】株は底を付けた。

塾長です。

3/2に続き、Omega Family Office Chairman & CEOレオン・クーパーマンの解説だヨ:

 

www.youtube.com

・これは、私が経験した8番目の弱気市場が誘発したリセッション。

 過去と違うのは、財政危機、石油価格崩壊、コロナによる経済停止の組合せだという点。

 これが起こった時、株式市場は高騰していた。

・過去から学べるのは、

 平均的な弱気相場は25%下落。今回は35%。大きく違うわけではない。

 下落は1年続く。

 GDPは2%下落。

 企業利益は15~20%下落。

 市場が底を打つのは、リセッションが終わる3か月前。ここが重要。

・私は楽観的に見ていて、[S&P500]直近安値2187が底だったと思う。

 もし経済停止が4月以降も続き、第3四半期にかかるとすれば、それほど楽観的にはなれない。

・私のウィルスに対する見立てはこうだ。

 世界中の政府、企業、個別の科学者がある問題にとりかかったら、解決策は、多くの人が考えるよりも早く見つかる。

 根拠のない予測だが、[なんらかの解決策が見つかるのは]6月だ。

・人の命はとても重要。しかし、経済への影響の方が大きいと言って良いだろう。

 2018-2019年のインフルエンザ・シーズンでは、患者数35.5M、死者34,200人。

 2017-18年は、患者数45M、死者61,000人。

 2016-17年は、29M、38,000人。

 今米国では懸念要素が爆発している。

 昨日午後の数字では、コロナの米国患者数82,000、死者1290人。

 悲劇ではあるが、インフルエンザに比べて極めて小さい数である。

 

 

普通にこういう事を言ってしまうと、insensitiveだと怒られる。

トランプも同じような事を言って、民主党勢力に攻撃されていた。

株価は、途中で感情や悪者によって大きく振られるけれど、最終的には数字が全て。

だいたい、こんな感じ(4月中に経済活動再開なら、株価は直近最安値を割らない)に見ておけば良いと思いますワ。

 

あとはどれだけ早く回復できるか。

4月に経済活動再開と言っても、その時点ではまだ大規模集会禁止とか言っている可能性も高い。外食、旅行需要もなかなか完全には戻らない。

そうなると、治療薬が見つかるかどうか、ですナ。

製薬会社、頑張って!