塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

Paypal, Intuit, Square、PPPローン貸出を認められる。

塾長です。

まずは背景の説明から。

PPPはPaycheck Protection Programの略。

米国政府がコロナ対策$2Tのうち、小規模企業に向けに作ったローンで、従業員を解雇しなければ返済が免除される。

管轄するのは、SBA。Small Business Administration。

そんな美味しいローンを借りない会社は無いので、経営者が銀行に殺到。

しかも、やっつけで作ったローンだから、銀行側も混乱。

「SBAから融資の基準が示されていない」とか。

それに対して「これは普通のローンではない、まずは貸せ」「ローンの”審査”をするな」といった批判があったり。

 

そんな中、このニュース:

techcrunch.com

Paypalが金曜日(4/10)発表したところによると、ノンバンクとして初めてPPP貸出を認められた。

Paypalは2013年から小規模企業向けにローン業務を行っていた。

Intuitは月曜日(4/13)、COVID-19に対する対応策を発表。

 Intuit Aid Assistは小規模企業向けWEBサイトで、SBAからいくらもらえるか計算する。

 Intuite配下のQuickBooks CapitalもノンバンクとしてPPP貸出を認められた。

・Square Capitalも月曜日、PaypalIntuitとともにPPP参加が認められたと発表。

 今週からCeltic Bankと組んで開始できる、Square Dashboardを通じて顧客に通知すると言っている。

フィンテック企業連合であるFinancial Innovation Nowは三月から議員に対してプログラム参加を求めていた。

 

 

PaypalIntuit、Squareの株はどれも高い。

PERはそれぞれ、51、40、73。

最近1年は停滞ぎみ。

Intuitだけ配当があるが、利回りは0.84%でしかない。

むむむ。