塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

Google決算と、ジーンの解説。

塾長です。

Alphabet(Googleの親会社)の決算が出ましたネ。

売上、$41.16B。予想は$40.29B。

EPS、$9.87。予想は$10.33。

利益が予想に達しなかったのは、traffic acquisition costが大きかったかららしい。

Appleなどへの支払いかな。

自社株買いは継続。ヨシ。

 

CNBCで、Loup Ventureジーン・マンスターが解説:

www.youtube.com

・広告ビジネスが素晴らしかった。

 四半期を、最初の9週間と、コロナの影響があった最後の3週間に分けてみる。

 広告は20%の伸び。最近4年間と同程度。素晴らしい。

 もっと驚くのは、最後の3週間、広告収入を減らさなかったこと。

 広告料が増えなかった、フラットだったというのは、この環境において、素晴らしい結果だ。

 検索利用がスーパーボール時の4倍。

 人は家にいるとGoogleを使う。それは広告収入に寄与する。

 コロナ後も広告ビジネスをやっているだろう。クラウドは収入の8%でしかない。堅実なビジネス。

 Appleの場合、半分がiPhone以外。

 PERが26というのはヘルシー。

・Goolgeのモデルで興味深いのは、Facebookと違うところでもあるのだが、広告をすぐにオン・オフできる。

 前もって広告枠を買う方式ではない。[なので、コロナの影響をモロに受けているはず]

 アジア・太平洋地域で、広告が戻ってきている兆候があるそうだ。

 Googleはコロナ後の期待値を上げた。

 

 

 

今、様々な企業が苦しいので、広告収入が減る、特に旅行関連が減ると言われていたけれど、影響はあまりなかったんだネ。

おかげで、株価は時間外で7%超上昇。

今晩が楽しみ。