塾長の資産運用

アメリカ帰りの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

米国市場が底堅い。米中摩擦があっても動じない。

塾長です。

昨日(米国5/22)米国株式市場は下げて始まり、上げて終了。

VIXが28.16まで低下。

S&Pは+0.24%の2,955。横と言って良いかも。

Nasdaqは+0.43%、9,324。

ドル円はヨコ。107.6。

重要指標の発表は無し。特に目新しいニュースも無かったかな。

 

ここ数週間の大きな動きとしては、米中摩擦の激化。香港問題など。

市場は「どうせトランプ、口先だけだろ」と思っているのか、株は下がらない。

 2019年は、あんなにドタバタしたのに。FEDのおかげ?

CNBC、常連コメンテーターが、その辺解説してたヨ:

www.youtube.com

<ピート・ナジャリアン>

・日替わりでニュースがあり、株は上下。決算、失業者数、米中、ワクチンなど。

 今日励まされたのは、昨日・今日で中国ニュースが出たのに、市場は振り払った。

 1、2週間前の金曜日だったら、400ポイント下げていたかも知れない。

 VIXを注視している。

 大きなスパイクが出ないのは良い傾向。健康的。

 Big5に注意が行っているようだが、もうBig5だけではないぞ。

 バイオ・テックなど、他の分野でも、上昇可能性がある。

ジェフ・ミルズ

・これは未来の暗示だ。中国では国の成長予想を取り下げ、米国では企業が今年の収益予想を取り下げた。

 米中の緊張は増すだろう。さらに[反中国の]法案が提出されるだろう。

 ドル・元をみると、別の何かが起こっている(元安)。

 ポジティブな話としては、巨額の財政刺激、金融緩和、経済再開。

 これらを勘案して、今の株価が示している企業収益を達成できるのか疑問だ。

 20年間のS&P500とForward EPS予想の相関[係数]は0.9.

 それが、3月23日のボトム以降、反転し、-0.9になった。

 すなわち、市場は上昇し、利益予想は下落した。

 ”Pain trade is higher”と言う。私も2週間前まではそうだった。その範囲を超えた。

 Put/Callレシオは非常に低い。0.53を下回るあたり。

 前回その水準に達したのは2018年1月と今年の初め。その後何が起こったか、知っての通り。

 ようやくMMFから資金が流出。200日移動平均線からの逆風。

 今の市場に反する要素がたくさんある。

 ここから下がっても驚かない。

<マイク・コー>

・ジェフにも同意するが、ピートが言った事にも同意する。

 市場は先を見る。VIXは、未来のボラタリティーを示す。中国ニュースにも関わらず、今日は少し下がった。

 中国ニュースは毎日徐々に出てきており、市場が突然暴落するようには思えない。

 ジェフが言った中で注目すべきは、大企業の未来のEPS。いくつかの企業は当然落ちる。いくつかは免疫を獲得するだろう。そうでない会社は長期に渡ってプレッシャーに晒される。

 今が一部のポジションを落とす良い機会かも知れない。

<ブライアン・ケリー>

・我々は経済再開がいつになるか、どのようなものになるか、分からなかった。

 今は、ビーチや公園がオープンするのを見て、人混みが出来ているのを見ている。

 強気に見ると、FED流動性を供給、社債も買っている。企業は嵐を乗り切れる。

 弱気に見ると、コロナ第2波がくる。米中摩擦により、反グローバル化が進む。それは長期の逆風になる。

 それらが日々の市場の動きを決めている。

 今後2週間の動きが、その後の6か月の方向性を決めるだろう。

<ピート・ナジャリアン>

・これから市場をけん引するのは、巨大テック企業に加えて、いくつか上げておきたい。

 Big5の中ではFacebookFacebookInstagramメッセンジャーなどを持っている。ショッピングもある。Zoomにも対抗。それら複数やっていることが、今の[株価上昇の]状況を作っていると思う。バランスシートも良い。

 AmazonAmazonだ。PEは高すぎるが、いつものこと。AWSは強い。

 なぜかあまり議論されないが、大手バイオ・テックのパフォーマンスはとても良い。Amgenなどだ。上昇余地がある。

 他のセクターにも同じことがいえる。

 俺は、少し前より強気になっている。パンデミックに中長期に対応できる企業に対して。

 

 

・・・。

あまり役に立たないアドバイスだったかもネ。

ピートは強気、ジェフ、マイクは弱気、ブライアンはニュートラル。

皆方向性が掴めなくて、戸惑っている感じかな?