塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

米国株、またも売られる。さて、何を買う?

塾長です。

昨日(米国6/26金)もsell-off。

 S&P500、3,009

 Nasdaq、9,757

指標は、

 5月個人所得[前月比]、-4.2%(予想-6.0%)

 5月個人消費支出(PCE)[前月比]、8.2%(予想9.0%)

ドル円は107円台前半。

 

株が売られた後付けの理由は、米国でコロナ患者が増え、経済再開にブレーキがかかりそうだから。

経済再開したら、患者が増えるのは当然なのに・・・。

 

KKM Fiancial ジェフ・キルバーグはこんな事を言っている:

www.youtube.com

・市場は売りの圧力がかかっている。

 予想していたとおりだ。

 VIXは35を超えていない。月末にかけて、買いの機会だ。

 我々はポートフォリオのリバランスを狙っている。

・アクティブな投資家、機関投資家はテクニカルに依存している。

 S&P500のテクニカルを見ると、まだ2800を超えている、50日移動平均線の上にいる。

 まだ強いという事だ。何度か下がる局面があったのに。これは市場にとって建設的。

 このまま移動平均上を上下し続けるのであれば、市場は上昇する。それが信頼を与えてくれる。

・そう、今は買いの機会だ。

 今はソフトウェアを見ている。資産的に魅力的なソフトウェア。

 そして、バイオテック。Amgen、Giliad、Horizon Therapeutics。

 一方、ユーティリティを今週売った。ここ1.5年で初めてだ。

・我々のモデルは、もっとβを求める。

 移動平均線の上で推移すると考えるので、低βであるユーティリティを売り、高βの株を買う。

 

 

なるほど。プロはそう考えるのですネ。

逆に一般投資家、長期投資家は、ユーティリティ、通信の仕込み時?

 

昨日はFacebook(FB)が大きく下落。

理由は、大手広告主が、反ユダヤなどの主張を広めるfacebookのページに広告が出ちゃって、「なんとかしろー」と怒っているから。

SunTrust Robinson Humphrey ヨセフ・スクアリはこう言っている:

www.youtube.com

・我々はFBの買いを推奨。

 我々の推奨、レーティングを変更するつもりはない。

 ザッカーバーグは、真実の裁定者にならないと言ってきたが、厳しい状況に置かれている。

 広告主は、前に出ろ、ヘイトスピーチを取り除け、ニセのコンテンツをなくせ、と要求している。

 我々は、Facebookが、Youtubeが数年前にしたように、見逃しを少なくすると考える。

 そうすれば、広告主は戻る。

 広告にとってのROIは、他のメディアを上回っている。デジタル、非デジタルに関わらず。

 これは一時的な売り。パニックになる必要はない。

・彼らは明らかにパブリッシャーではない。CNBCとは違う。

 しかし、3Bのユーザーがいたら、ある種の責任は生じる。

 ザッカーバーグは対処しなけばならない。

 実際、30,000人を[そのために]雇用した。追加するかも知れない。

 そのために、利益率が下がる可能性はある。

 しかし、正しい事をやっていると思う。

 

 

だそうです。ザッカーバーグはお金が好きそうだから、広告主に怒られたら、意見を曲げるでしょう。

公益株を買いたくない、テックが良い、という人はちょうど下がったFBをどうぞ。