塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

今日のトランプ、コロナ会見。

塾長です。

昨日(米国7/30)の米国株式市場は大幅に下げた後、上昇。最終的にはマチマチ。

 S&P500、3,246(-0.38%)

 Nasdaq、10,587(+0.43%)

後付けの理由はGDPがダメだったから。

しかし、AppleAmazon、Alphabet、Facebookが引け後に好決算を発表したので、今日は上げるでしょう。

【米国市況】株は下げ縮小、大型ハイテク銘柄に買い-ドル下落 - Bloomberg

 

そのGDP含む指標は、

 4-6月期 GDP速報値[前期比年率]、-32.9%(予想-34.5%) 

 4-6月期 GDP個人消費速報値[前期比年率]、-34.6%(予想34.5%)

 前週分 新規失業保険申請件数、143.4万件(予想145.0万件)

 前週分 失業保険継続受給者数、1701.8万人(予想1620.0万人)

 

たしかに、-32%減と言われるとビックリする。

直接個人給付、失業保険+$600をやったのに、ホント?という気もする。

 

ドル・円が・・・。104.7円。とりあえず秋まで円高でしょうか。このタイミングで、日本企業には海外投資、米国企業買収をやって欲しい。

 

そして今日のトランプ、コロナ会見:

www.youtube.com

・Herman Cainがコロナで死んだ。

 抑制出来ていると言われた国々に第二波が来ている。7月初旬、日本は35倍患者が増えた。

 ラテン・アメリカでの患者数は世界をリード。米国の国境を接する州で患者が急増。モデルと言われた州でだ。知事は人気がある。今はそれほどでもないだろう。

 米国コロナ死者の半分は、人口の1%以下を占める老人ホームに住んでいる人。死者の平均は78歳。

 米国人は家族を守るように。老人や病人。

 レッド・クロスの本部を訪問した。プラズマ(血漿)療法をやっている。コロナから回復した人はCoronavirus.govに行って欲しい。

 レムデシベルなどで死亡率が下がった。

・トランプ政権はコロナの経済対策を頑張った。

 来年は良い年になる。

 議会に、失業保険上乗せの延長を要請した。上院共和党は協力的。民主党が妨害している。

 コロナで家賃滞納している人への強制立ち退きを止める法案を要請。

 直接給付、学校再開のための支出も要請。

 民主党は反対している。11月3日まで反対し続けるのかも知れない。

 

記者からの質問に答える形で、郵便投票に反対を表明。

・過去の実験でも失敗している、何年も結果が出ない可能性もある。事前投票には賛成。ロシアが選挙に介入したと疑っていたが、何もでなかった。郵便投票では、ロシアなど外国政府が介入しようと思えば簡単にできる。選挙を遅らせたいわけではない。投票結果が出るのに3か月も待ちたくない。

その他、オレゴン問題などの質問に(若干キレぎみに)答えたあと、そそくさと退場。

 

まずは経済対策第4弾(5でした?)を通して欲しいネ。