塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

Lordstown Motors CEOのインタビュー

塾長です。

Lordstown MotorsはGMからオハイオ州ローズタウンにある潰れた工場を買い取り、電動ピックアップトラックを作っている会社。

”作ろうとしている”が正しいかな。製造準備中。Pre-Order受付中。

lordstownmotors.com

そのLordstownが公開化を目指しているというので、CNBCがCEO スティーブ・バーンズにインタビュー:

www.youtube.com

<Diamond Peak HoldingsとSPACを使って、4QにIPOするそうですが?>

・コロナでプライベート・ファンドが低調になってSPACsを探し始めた。3か月前くらい。4、5社あたった。SPACsはどれも同じではない。適切なところがDiamond Peakだった。契約までに2.5か月かかった。

NicolaやFiskerが影響したか?>

・ウォールストリートには流行り廃りがあるようだ。食欲があるようだ。我々は差別化できている。工場を持っている。プロトタイプを作った。製造に向けて準備中。SPACを使ってNasdaqに上場するのが適切だと思った。

<EVブームは気がくるっているという人もいるが?>

・我々は素晴らしいトラックを作る。顧客がハッピーになる。どんな経済的手段を使おうが、我々は成功する。これは大量の資本が必要なビジネスだ。我々はGMから工場を買った。2千台のロボットがある。私の後ろにいくつか映っている。プロトはうまくできている。チームは素晴らしい。他がどうとか関係ない。製造初日に向かって行進するのみ。27,000台の受注がある。まだ世の中に電動ピックアップトラックは無い。必要だ。

<後ろに映っているのはEnduranceのプロトタイプか?デリバリーはいつ?>

・デリバリーができるのは、今から1年後。

<他にも電動ピックアップを作ろうとしている会社がある。顧客は複数にオーダーをかけているようだが?CyberやNikolaなど。>

・今の自動車業界で、道路を一人で走ることはできない。しかしあなたが名前を挙げたのとは競合しない。我々のはフルサイズのピックアップトラックだ。NikolaやRivianはミッドサイズ。彼らはラグジュアリー・アドベンチャーのクラスだと言っている。我々のは実際に使えるトラックだ。内燃機関のトラックと価格は同じだが、5年使えば、2,000ドル節約できる。我々は経済的であることを売りにする。エミッション・フリーなのは追加の効果。他社はfleet(業務用の車)として売らない。Cyberがどうなるか良く分からない。業務用だとは思わない。

<電動F-150は心配か?>

・既存メーカーがイノベーションを起こせるとは思っていない。米国では、売れている1~3位までがトラックだ。台数が多い。マージンが大きい。Fordは電動F150を出しても、「ガソリン車を買うな」とは言えない。我々は電動車に専念できる。そして、価格で我々に勝てる会社はいない。Fordでさえだ。

 

後半は常連コメンテーターが色々言っているけれど、面白くないから省略。

 

車が電動化すると、誰でも作れるようになると言われて久しい。テスラの成功もあって、色々な会社が出てきてオモシロイ。

しかも流行りのSPACを使っての上場。

株価は上がるでしょうネ。

車会社に興味が無いので、買いませんが。