塾長の資産運用

アメリカ帰りの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【ホテル業はどうなのヨ?】WyndhamホテルCEOインタビュー

塾長です。

米国ではコロナ患者増加が止まりません。

www.bloomberg.co.jp

死者も増えているみたい。

こういう報道は間違っている事もあるので、さらにニュースソースをみたい人はこちら:

coronavirus.jhu.edu

 

患者数が増えているという事は、(完全にイコールではないにせよ)経済が回っている証拠。

先週金曜日(米国8/14)、ホテルチェーンWyndham Hotels & ResortのCEO、ゲオフ・バロッティがCNBCのインタビューに答えていたヨ:

www.youtube.com

<この国の旅行者の状況はどう?>

・以前より、相当良い。

 我々は、フランチャイズとしては、全米最大。6,300のホテルを運営。17週連続で稼働率上昇。先週は60%台。強い需要がある。レジャーとビジネス。Select Serviceを選ぶ人達。

<ビジネスでの旅行者もいるのか?私の周りで、社用でトラベルしている人はいない>

・トラベルが必要な人達もいる。運輸。ロジ。建設。8、9週間前には従業員のシフトを減らさなければならなかった。今では通常に戻っている。

 確かにホワイトカラーの旅行者は減っている。我々の顧客はeverydayの旅行者だ。契約業者など。Road Warriorsと呼んでも良い。

<WyndhamはPGAトーナメントのスポンサー。こんな時なので、変更などあるか?>

・まったくない。素晴らしいトーナメントであり、Wyndhamのブランドを広めるのに役立つ。ブランドを広めるのは、フランチャイジーに対する義務でもある。

 2晩泊ると、1晩無料のプロモーションもやっている。

PGAからスポンサー料の値引きはあった?>

PGAは素晴らしいパートナー。他のタイトルスポンサーとともに、問題に取り組んでいく。

<コロナ感染の心配にどう取り組んでいる?>

・我々は基準を引き上げた。それが最も消費者が心配している事だから。我々、ホテル産業は、2週間前、従業員だけでなく、宿泊者にもマスク着用を義務付けた。一部の地域では、不人気の施策だが、従業員やビジネスオーナーにとっても重要。

 病院レベルの消毒、ソーシャルディスタンス確保。

 米国の中規模ホテルはユニークだ。99%の我々のホテルはselect service。そのうち70%は40%以上の稼働率、ブレークイーブンを上回る。90%以上がモーテル形式。そこではエアコンが独立式で、新鮮な空気を取り入れる。宿泊客にとって安心。

 

 

ん?エアコンは外気を取入れないのでは???

他の部屋の空気が入ってこないというのは、その通りだと思うが。

 

ちなみに、Wyndhamは他のホテルチェーン同様、複数ブランドを展開。有名なところでは、Super 8, Travelodge, Ramada,

 DaysInn, LaQuintaなど、お安いブランドが多い。インタビュー中でも言及しているように、Select Service形式、モーテル形式が多い。

ちなみに×2、Select Service形式とは、部屋だけの提供。ルームサービスやドライクリーニングなどが無い。部屋の冷蔵庫に酒のミニボトルが入ってたりしない。その代わり、コーラの自販機、共用洗濯機(有料)があったり。一応、朝ごはんと称して、菓子パンやコーヒーが付いていたりする。

ちなみに×3、そんな朝食は” continental breakfast”と表記される。部屋代に含まれているのを明示する時は、”complimentary (continental) breakfast”。字面だけ見ると豪華なモノを想像してしまいそうだが、期待しないように。ワッフル焼き器があればラッキー。それとリンゴ、バナナあたりを食べるのが無難。

ちなみに×4、モーテル形式は、駐車場に車を停めて、フロントを通過せず、部屋まで行ける。日本の”モーテル”とは、ちょっと意味が違う。そういう使い方もされる。普通の人達も普通に泊まる。車から降りて部屋まで行く間に襲われることもあるので、注意して。

 

 

それにしても、アメリカ人は凄いヨ。コロナ蔓延しているのに、普通に旅行しちゃうんだネ。