塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

ワクチン、治療薬期待の株高。ジャクソンホール待ち。

塾長です。

昨日(米国8/24)の株価は力強く上昇。

 S&P500、3,431(+1.00%)

 Nasdaq、11,379(+0.60%)

【米国市況】株は最高値更新、新型コロナ治療を楽観-米国債下落 - Bloomberg

 

Dow Jonesは指数として注目していないのだけれど、さすがに入替は気になる。

SalesforceCRM)、Amgen(AMGN)、Honeywell(HON)が新しくDOWに入り、Exxon(XOM)、Pfizer(PFE)、Raytheon(RTN)が抜ける。8月31日より。

Dow Jones Industrial Average adds Salesforce, Amgen and Honeywell - CNN

 

経済指標はナシ。

ドル円は106.0円を切ったあたりでウロウロ。

 

政治では、共和党がトランプの大統領候補指名を決めたり。

 

コロナワクチン・治療薬と大統領選挙の他に、多くの人がジャクソンホールと、その後のパウウェル講演に注目している。金融政策のフレームワークが議論されるらしい。

そのあたり、BarclaysのチーフU.S.エコノミストが解説してた:

www.youtube.com

FEDは去年からヒアリングを続けており、アベレージ・インフレーション・ターゲットを9月FOMCで決定する方向。今回は、そのための地ならしがある。

イールドカーブコントロールFEDの道具箱(tool kit)の中にある道具の一つ。使うかどうかの問題。FEDは絶対に道具箱から排除するとは言わない。将来、平均インフレ率を採用し、インフレのオーバーシュートを抑制するとき、使うかも。

・Dot PlotやProjectionを止めるとは思えない。一度導入したものを引っ込めるのは難しい。良いコミュニケーションのツールではないかも知れないが。

・失業保険申請[の減少]はモメンタムを維持している。8月の継続件数は7月より200万件少なかった。就業は良い方向。まだ先は長いが。08-09年にくらべて、失業率はまだ高い。人との接触があるようなサービス業での職はしばらく戻らないかも知れない。他のセクターに移動するまで時間がかかる。見通しの重しになる。職を増やし続ける必要がある。経済対策第4弾は助けになる。それが短期的なキー。経済が自立成長するまでのギャップを埋める。

 

 

今の相場は官製相場なので、ジャクソンホールとパウウェル講演は気になると言えば気になる。とは言え、これ以上中央銀行に何ができるわけでもないので、期待はしていない。

なので、今回のメインシナリオは、パウウェルが陰気な顔して「経済回復、失った職を取り戻すには時間がかかる」と発言→株が下がる→1、2日で市場はその事を忘れ株高、だと予想!

 若干ドル安が怖い。