塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

AMD、Xilinx買収。

塾長です。

昨日(米国10/27)の米株市場は、マチマチ。

 S&P500、3,390(-0.30%)

 Nasdaq、11,431(+0.64%)

【米国市況】ハイテク株上昇、半導体のM&A好感-S&P500続落 - Bloomberg

 

指標は、

 9月 耐久消費財[前月比]、1.9%(予想0.5%)

 8月 ケース・シラー米住宅価格指数[前年同月比]、5.2%(予想4.2%)

 10月 消費者信頼感指数、100.9(102.0)

 10月 リッチモンド連銀製造業指数、29(18)

米耐久財受注、9月は予想上回る伸び-コア資本財も堅調 - Bloomberg

米20都市住宅価格指数、2年ぶり大幅上昇-全ての市場予想上回る - Bloomberg

米消費者信頼感指数、10月は予想外に低下-景気見通しが悪化 - Bloomberg

 

債券、為替は、

 10年債、0.7780

 ドル円、104.4790

 

個別では、AMDXilinx買収やMicrosoftの好決算。

MSは日本でも大量に報道されることでしょう。

AMD-Xilinxは1、2週間前から話題になっていたので、”ニュース”という感じでもないけれど、AMD CEO リサ・スーがジム・クレイマーのインタビューを受けていたので、少しだけ。

www.cnbc.com

CEOなのだから「この買収はうまく行く」「Xilinxは最高の企業」・・・と言うのは当然で、そうでないのは以下2点。

AMDXilinxでhigh performance computingの将来を規定できる。

Xilinxは自動車、通信などをやっているが、第一優先はデータセンターだ。

 

リサ・スーは嘘つかない?つけない?人みたいで、「俺の会社の株を買ってくれ」感が半端ない欧米人とは一味違う。

Wall Streetの人々は「AMDは(今まで参入できていなかった)5Gや自動車に進出し、2021年に売上を倍にする!」的な事を聞きたかったんじゃないだろうか。

今一つシナジーが見えないが、裏では、FacebookGoogleと文書・音声・動画解析用スパコンの研究開発が進行しているのかも知れない。

株を買うか?と聞かれれば、No。TSMCの方が良い。