塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

Apple、新型Mac発表。タダになるって本当ですか!?

塾長です。

昨日(米国11/10)の米株市場は、ローテーションが進行。グロースからバリュー、小型株へ。

 S&P500、3,545(-0.14%)

 Nasdaq、11,553(-1.37%)

 Russell2000、1,737(+1.88%)

【米国市況】S&P500が下落、ハイテク株に売り-相場過熱との見方 - Bloomberg

 

債券、為替はヨコ。

 10年債、0.9720

 ドル円、105.2480

 

何と言っても昨日最大のイベントは新MAC

アップル、脱インテル開始-自社設計チップ搭載の新型「Mac」発表 - Bloomberg

 

常時テックに超強気、ダン・アイヴィスが、また強気発言(ポジショントーク):

www.youtube.com

Appleはこれでエコシステムに対するさらなるコントロールが効くようになった。インテルなどへの打撃。ここ5,6年で最大の製品サイクル。ストリートを驚かすだろう。スーパーサイクルは様々な製品に広がる。クパチーノ(=Apple本社)ではイノベーションが継続して起こっている。

・スーパーサイクルは株を150、175ドルに押し上げる。プレ・オーダーが前世代に比べ2倍。8千万台規模になるかも知れない。驚くべき数字だ。他の製品、MaciPadAirPodsを見て欲しい。2021年に新製品が出る。サービスとともに、レーティングを見直す大きな理由になる。我々はAppleに超強気だ。特に、このM1チップの発表で、エコシステムのコントロールが効くようになるので。

・バリュエーションはストレッチされている。今がテクノロジーの黄金時代。バリュー株への転換はすぐに終わる。来年テック株は20~25%上昇するだろう。成長は継続的なものである。強気と弱気が戦っている状況だが、年末にかけてテック株の上昇相場が起こるだろう。

 

 

エコシステムがなんだと言っているが、ようするにIntelなどの外部部品を使わなくて良くなるので、コスト低減→利幅が増えるということ。

DRAMをパッケージ内に統合し、どこの製品か分からないようになっているので、さらにDRAM屋さんから買い叩けると思われる。

Macの外観が変わらない(=コストをかけていない)のもイイ。

MacOSの新バージョン(BigSur)では、iOS用アプリが動くとか(ホント?)。これはハックされるのが怖くて、やらないと思っていたヨ。

 

今使っているパソコンは5年?6年?前に買ったもの。

新型MacBook Airが欲しい:

AppleシリコンMacBook Air発表。性能数倍でファンレス設計、M1チップ初搭載 - Engadget 日本版

ダンの言う通りなら、今Apple株を40万円程度仕込むと、1年後に値上がり分で、新MacBook Airがもらえる計算。

誰か、桐谷さんに「ヤマダ電機の優待でコタツ買ってる場合じゃないですよ」と教えてあげて欲しい。

 

(と言ってみたものの、AppleMicrosoftで検討中。Forward P/Eが同水準なので。)