塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

カルロス・ゴーン、元気そうだネ。

塾長です。

 

11月11日、CNBCによるカルロス・ゴーンのロングインタビュー動画がアップされていたヨ!元気そうでなにより。

彼が本「Time for Truth」を書いたので、その宣伝(さらに、彼の”無実”の主張)。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

インタビュー内容は特に聞くべき所もないので、割愛(!)。俺はスゴい、日産はダメだ、日本の法制度はオカシイ、とか。

ゴーンとしても、詳しくは本を読んでくれ、という感じだろう。

ドキュメンタリーや映画の案件も進行しているらしい。

ゴーン役がジャンクロード・バンダム、奥さん役がソフィー・マルソーで、アクション仕立てにしてくれれば、絶対に見るヨ。

 

さて、日本側もきちんと情報発信しないと、「あの国はダメだ」とおもわれちゃうゾ。もちろん、英語でね。

日本株や、アジアの金融センターになる夢に逆風。

 

と、言っても、その他法制度や言語の課題で金融センターにはなれないだろうし、人口減をなんとかしないと日本株の継続的・持続的上昇は望めない。