塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【ゴードン・ジョンソン】テスラ株価は1/8になる。

塾長です。

昨日(米国12/14)の米株市場は、テックと小型株は上昇するも、全体的には下落。

 S&P500、3,647(-0.44%)

 Nasdaq、12,440(+0.50%)

 Russell2000、1,913(+0.11%)

【米国市況】S&P500種は4日続落、米経済対策成立見通しに不安 - Bloomberg

コロナ悪化(患者が増え続ける、NYで屋内飲食が禁止される、などなど)する一方、経済刺激策がまとまらないので、re-opening株が大きく売られた格好。逆に、NetflixAmazonなど巣籠銘柄は好調

そして、今週15、16日にFOMCがあるので、動きにくい。

 

債券、為替は、

 10年債、0.8920

 ドル円、104.0100

 

重要経済指標の発表はなし。

 

昨日のニュースのほとんどが、ワクチン配布・接種開始、経済刺激策、大統領選挙人投票。

ワクチンは順調に配布されている:

【新型コロナ】米国の死者数、30万人超える-ワクチン接種始まる - Bloomberg

経済刺激策はまとまらず。

大統領選は、市場クローズ後、バイデンが選挙人の過半を取った:

バイデン氏、大統領選の勝利確定-選挙人投票で過半数票獲得 - Bloomberg

 

トランプは、選挙人投票で負けたらWHを去る、と言っていたので、これで決まりかな。さすがに今さらサプライズはないでしょう。

 

 

二次的なニュースとしては、ロシアから米政府機関がサイバー攻撃を受けたとか、Googleのサービスが一時停止したとか(両者に関係なし)。

この程度のことがニュースで取り上げられるのは、経済界でそれだけ重要な動きがなかった証拠。

 

CNBCでは、こんなのまで取り上げていた。

メーガン・マークルが即席オート・ミルク・ラテの会社、Clevrに投資。

www.youtube.com

 

 

ニュースが無い日は、テスラに限る。

GLJ Research 創設者&CEO ゴードン・ジョンソンはテスラに超弱気派。その理由を聞いてみよう。4分25秒あたりから。

www.youtube.com

・テスラの適正株価は60~80ドル(注;現在約640ドル)。

・テスラは現在、収益の200倍で取引されている。一方、普通の自動車会社は6倍程度。テスラはテクノロジー企業と見られているが、そうではない。バッテリーの技術は持っていない。

 S&P500への組入れは重要だ。約1.5か月前、S&P500への組入れが延期された。それ以来10億株の取引きがあった。それ以前、2Qの利益を報告した時、10億株の取引きがあった。S&P500組入れにより、インデックス投資家によって、約5億株が買われる。この時点で、大きなsell-offが起こるかも知れない。

 テスラは2016年以来、(regulatory) credits revenueを除くと。4四半期しか黒字化していない。前期も黒字ではない。来期、このregulatory credits revenueが大きく減少し、2022年には無くなると予想している。なぜなら、他の自動車会社が自社のEVを売り始めたからだ。Teslaは赤字状態に戻ってしまうだろう。

 中国での売上増を考えたとしても、Teslaは10月から11月にかけて、シェアを8%から12.5%に伸ばしただけ。今年以前で最も高かったときは25%だった。彼らは中国市場でシェアを失っている。

 EUでのシェアも、Q4の33%から、10%強に落ちた。

 成長が鈍化し、来年収益がマイナスに転じれば、巨大なsell-offが起こるだろう。

 テスラ株は、機関投資家が41%を所有。その割合はほぼ最低水準。機関投資家が売りはじめ、個人がそれに続けば、急降下する。

 気が狂ったように聞こえるかも知れないが、そんな事は以前もあった。Tilray、Sun Edison、Suntechなどだ。5から500になり、5に戻った株はある。2から300になり、ゼロになった株はある。テスラはそんな可能性がある株の筆頭だ。

 

 

regulatory credits revenueと言っているのは、排ガス排出権を他社に売った売上のこと。テスラは電気自動車しか作っていないので、排ガス排出権が余っている。

How Much Revenue Did Tesla Make From Regulatory Credits? | Cash Flow Based Dividends Stock Screener

ゴードンの説は特に新しくなくて、ジム・チェイノスなどの主張と同じ。

 

みなさん、安全運転を心がけましょう。