塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【Call of the Day】Disney、 Qualcomm、 Monster Beverage【2020/12/23】

塾長です。

12月23日 Call of the Dayにて、Disney、Qualcomm、Monsterを推奨:

www.youtube.com

・Rosenblattが21年消費者テック株のトップの一つとしてDisneyをあげた。レイティングはBuy。目標株価を155から210へ引き上げ。アナリストは、Disney+で配信される新旧コンテンツと、ワクチンによって人が遊園地に戻るのを好感。

・BairdはQualcommをカバーしはじめ、Outpaformのレートをつけた。目標株価は200ドル。短期では5G の恩恵があり、長期的には自動車や消費者向け商品でのAI活用が見込める。

・DeutscheはMonster Beverage(MNST)の目標株価を99ドルとした。消費者向けパッケージ製品として高い伸びを示し、強いキャッシュフローを生み、キャッシュが潤沢。バリエーションは魅力的。

<ジョセフ・テラノバのMonsterの解説>

・Consumer Staples(生活必需品)株の中で、オーガニックに13%伸びる会社を見つけられるだろうか?平均では5%にしか過ぎないのに。Monsterに投資し続けるべきだ。Monsterはhard seltzer、CBD製品を売りだすだろう。私のコアになる銘柄だ。ここ数年うまく行ってきた。

 

 

どの株も推奨されるのは当然といった感じだが、ここではMonsterに注目したい。

Hard seltzerとは・・・レモンサワーみたいなもの。ここ数年、ビールの代わりとして米国で流行。ストロング系もある。

CBDは大麻から抽出したcannabidiolを使った製品。要するに、大麻を簡単に摂取できる形状にしたモノ。

Monsterは日本でも有名なエナジードリンクのメーカー。エナジードリンクには(中毒性のある)カフェインが大量に含まれている。

まったく予想していなかったのだが(バカ、バカ、バカ!)、そのMonsterが別の中毒性のある物質であるアルコール、CBDに手を出すのは必然。

それらを、この若者に人気のあるブランドで出したら、爆売れの予感しかしない。

ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ。

MNST、買うしかない。