塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

トランプ垢バンは買いのチャンス?いや、むしろWalmart・・・

塾長です。

昨日(米国1/11)の米株市場は、下落。

 S&P500、3,799(-0.66%)

 Nasdaq、13,036(-1.25%)

 Russell2000、2,091(-0.03%)

【米国市況】株反落、過熱警戒で最高値から下げる-ドル上昇 - Bloomberg

 

債券、為替は、

 10年債、1.1320

 ドル円、104.200

 

Bitcoinが下げたので話題になっているが、まだまだ高い(1月6日ごろの値段に戻っただけ)。34,359。

ビットコイン急落、2日間で最大26%安-揺らぐ仮想通貨ブーム - Bloomberg

 

経済指標の発表はなし。

 

 

 

個別株では、市場はSNSによる検閲に注目。

まずParlerアプリがAppleGoogleAmazonから追い出され、サーバー側で使っていたAWSから追い出された。Fox NewsにParler CEOが出演:

www.youtube.com

中身は特に紹介するほどのものでもない。文句言っているだけ。ダブルスタンダードだとか。

 

そして、FacebookTwitterがトランプ垢バン。

株価はそれぞれ、-4.01%の$256.84、-6.41%の$48.18。

これで(一部トランプ信者を除いて)ユーザがいなくなるとは思えないし、規制強化されても広告収入が減るとは思えないので、今が買いのチャンス?

 

 

 

個人的に注目な個別株動向はこれ:

www.youtube.com

WalmartがRibbit Capitalと共同でFin Tech企業を立ち上ると発表した。現代的で、手ごろな金融ソリューション。

Walmartが過半を持つ、独立した企業となる。

 従業員、顧客に向けて、金融製品を提供すると言っているが、いつ・何を発売するのかは明らかにしていない。

・Ribbitはfinancial technologyのVCとして超有名。Robbinhood、Credt Karma、今週公開したAffirmに出資している。

 

株価はあまり反応していない。+0.45%の147.29。

提供されるのは、普通に考えると、Walmart店舗&オンラインでの小口決済手段。クレジットカードの代替。それだけだと面白くないので、payday loanとの組合せとか。