塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【スカラムーチ】低所得者層は失業給金を受け続けるため、帳簿外の仕事をしている

塾長です。

昨日(米国5/14)の米株市場は、前日のは反発を継続。

 S&P500、4,173(+1.49%)

 Nasdaq、13,429(+2.32%)

【米国市況】株続伸、インフレ懸念やや和らぐ-利回り低下でドル下落 - Bloomberg

 

 

債券、為替、コモ:

 10年債、1.6350

 ドル円、109.3470

 Bitcoin、50,077

 

 

経済指標:

 4月 小売売上高[前月比]、0.0%(予想1.0%)

 4月 小売売上高(除自動車)[前月比]、-0.8%(0.7%)

 4月 鉱工業生産[前月比]、0.7%(1.0%)

 5月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値、82.8(90.4)

米小売売上高、4月は前月比横ばい-個人給付による消費急増後 - Bloomberg

米鉱工業生産、製造業の指数が2カ月連続で上昇-改善の継続示唆 - Bloomberg

米消費者マインド悪化、1年先のインフレ期待が10年ぶり高水準 - Bloomberg

 

 

個別株の動きで面白いモノは無かったかなぁ。

日本人としては、こちらがkになりましたが、マラソンの株も、セブンの株も持っていないので、どうでも良いと言えば、どうでも良い:

 7&iのスピードウェイ買収「違法」とFTC委員長代行らが指摘 - Bloomberg

 

 

最後に、SkyBridgeのアンドリュー・スケアムーチのインタビュー。インフレ、賃上げ、FEDの対応、株価について:

www.youtube.com

ーあなたは、スマートマネーについて語ってきたわけだが、スマートマネーは今の市場をどう見ているだろうか?

・リズと同じ考えだ。一部で過熱は見られる。しかし、多くではない。FEDを怖がらせるには、インフレではなく、賃金上昇が必要。CNBCでは、今週一週間、労働者不足について議論してきた。しかし、賃金は上昇していない。フラットなままだ。低・中所得者層では下がっている。賃金が上がらないのだから、FEDのアラームは鳴らない。強気相場は変わらない。ゴルディロック状態だ。コモディティ価格が上昇し、24か月の経済成長が期待できる。だから、成長株に買いが戻ってきたのだ。

ーしかし、人々を職に戻すためには、賃金上昇が必要なのでは?マクドナルドなどの大手も賃上げに動いた。賃上げが拡大するのでは?

・そうだと思う。そしてそれは”闇市場”で起こっていると思う。私はNYでレストランの経営もしている。人を雇うのが難しくなっている。時給15ドルで皿洗いを雇ったら、料理人は20ドルになる。全ての賃金層を上げなければいけなくなるのだ。

 ブルーカラーの労働者が働かずに福祉を受けている、と考えるのは間違っている。彼らはとてつもなくクリエイティブである。一部は現金払いの職に就いている。帳簿外の仕事だ。闇市場の仕事と呼んでも良い。需要と供給が釣り合うまで、彼らはコロナ前の仕事には戻らない。人々が家で座っているなんていう話は信じない。

ー政府の給付金が唯一の理由ではないかも知れない。パンチボールの一部ではあるだろう。

・常に一定の割合で、そのような人は存在する。それが大半だとは思わないだけだ。

 経済が加速し、賃金が上昇し、人が職に戻り、FEDのデータに表れた時、FEDは考え始めるという事だ。テーパリングや利上げについて囁き声を聞くことになるだろう。しかし、24か月間利上げをしても、株価に影響しなかったのを忘れないで欲しい。私はあまり心配していない。とてつもなく大きい消費の戻りが待っている。15か月に渡り貯まったものだ。子供の頃、缶にばね仕掛けの蛇が入ったオモチャを覚えているだろうか。今後24か月、非常にアグレッシブな経済を目撃する事になる。

 

 

なるほどね。

NYのレストランなんかでは、求職者が継続して失業給付金を受けられるよう、帳簿外で仕事をさせている(そうでもしなければ人が集まらない)、って事ですネ。

マクドナルドなどの大手企業だと、そうもいかないので(IRSに怒られる)、真面目に時給を上げるしかない、と。

実体経済は面白い!

 

ーーー

今週のお題「やる気が出ない」