塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【トム・リー】今週の株値動きはノイズ

塾長です。

昨日(米国6/18)の米株市場は、全面安。

 S&P500、4,166(-1.31%)

 Nasdaq、14,030(-0.92%)

 

セクター別で見ても、こんな感じ:

f:id:alibertarian:20210619072722p:plain

SPDR sector ETF 2021/6/18

Bloombergでは・・・

【米国市況】株が大幅安、利回り曲線平たん化-米金融当局タカ派傾斜 - Bloomberg

米金融当局のタカ派的サプライズを受け、今年の市場の主な潮流だったリフレトレードが巻き戻された。

と解説している。

その「米金融当局のタカ派的サプライズ」というのは、これのこと:

ブラード総裁、来年に米利上げ開始の可能性も-インフレ高進で - Bloomberg

実際のインタビューを行ったCNBCでも、様々な解説が出ている。

 

しかし、18日の株の値動きに関しては、こちらの指摘の方が当たっているのでは?と思いマス(前日の記事):

米株式市場の静けさ一変か、18日の「トリプルウィッチング」で波乱も - Bloomberg

18日は株価指数先物とオプション、個別株のオプションの取引期限が重なる「トリプルウィッチング」の日に当たる。四半期ごとのこのイベントで特に興味深いのは、S&P500種株価指数などのベンチマークに関連した数兆ドル規模のオプション取引で、その満期が波乱の扉を開くとゴールドマン・サックス・グループやノムラ・セキュリティーズは指摘する。

一番下に、関連するトム・リーの解説があるので、併せてどうぞ。

 

 

債券、為替、コモ:

 10年債、1.4500

 ドル円、110.1500

 Bitcoin、35,509

 原油、71.50

 

 

重要経済指標の発表なし。

 

 

個別株では、AdobeのQ2決算が良かったようですね。

おかげで株は最高値。

Boston Privateのシャノン・サコシアはこんな事を言っていたヨ:

www.youtube.com

Adobeを持っているね。ここで売る?それとも持ち続ける?

・もちろん持ち続けるよ。昨年、株価はunderperformだった。

 顧客にdigital experienceを届けると考えた時に最適な例だ。Digital media、digital experienceの両方で成長が見込める。しかし、年度のガイダンスは引上げなかった。今後、引き上げると思う。この株は、Q4に強い。今がエントリーするのに最適だ。ここから入って、強い年後半を経験する。CEOが良いコメントをしていた。オフィスに社員が戻ってくるそうだ。コラボレーションが重要。今買っても遅くない。

(以下、省略)

 

 

テックつながりで2件。

まずJeferiesのブレント・スリルがAmazonの買いを推奨。テック株にカネが戻ってくそうですヨ:

www.youtube.com

Amazonをお勧めにあげたようですね。そして、Googleを外した。Amazon株は伸び悩んでいるようですが?

・あなたが言っているのは正しい。この1年、Amazonは伸びなやみ、Googleは上昇してきた。しかし、我々はAmazonが$4,200を超えると信じる。電子商取引はスローだ。人々が実店舗に行っている。広告ビジネスは再加速した。素晴らしいポジションを取っている。AWSは60%市場占有率マイクロソフトは30%、Googleは10%だ。多くの客が10年契約を結んでいる。40~50%の売掛(bookings)の増加が続くと考えると、AWSは30%の成長率となる。AWSはマージンの高いビジネスだ。低いマージンの電子商取引が伸びず、高いマージンのビジネスが伸びているのは良いことだ。新CEOはソフトウェアを分かるヤツだ。彼が責任者になったのだから、長期的に見て高いマージンを望める。

ーワシントンで議論されている規制は脅威ではないのか?

・脅威ではある。しかし、脅威があるたび、株を買うべきだ。テックの25年間カバーしてきて、マイクロソフト分割議論、EUの調査の教訓。我々は規制の恐れがあるとき、買いを推奨する。分割は無いと考えている。もし我々が間違っていたら、投資家はさらに得をする。一つ一つのビジネスが強い。我々はAmazonを一つとして評価しているのではない。個別のビジネスの集合体として評価している。もし分割されれば、例えばAWSが分離されたとして、それはテック業界で最大の市場価値を持つ者の一つになる。どう分割したとしても、それらは良いポジションを取るだろう。

FOMCを終えて、金利上昇の懸念がある。テック株を推奨するにあたり、どのように、どの程度見込んでいるのか?

金利は重要なポイントである。JefferiesでTeck Deskを取り仕切っているJared Weisfeldは、金利は大きく動かないと考えている。そしてカネがテック、ソフトウェア、高いマルチプル株に戻ってくる。グロース株が戻ってきた。金利は多くの要因の一つであるが、大きな動きを見込んでいない。今は多くのテック株を推奨している。

 

 

そして、お馴染みのトム・リー

www.youtube.com

金利がフラット化している。短期金利長期金利、どちらの動きがテック株に効いてくるだろう?

FOMCFEDはコロナのtail riskをいくらか排除した。それがテック株の12~18か月見通し(outlook)を変えるかと言うと・・・、金利が下がれば株にとって有利だ。

短期金利は気にしないのか?

短期金利は、流動性に効いてくる。今週はQuadruple Witchingだ。市場の多くの動きがノイズでしかない。

ーバラードのコメントを聞いたと思う。タカ派的になっている。これは世界の終わりとなるだろうか?

・多くの人は、空が落ちてき始めたと思っているようだ。あなたのいう通り。FEDが見通しを変えた(注:ドットプロットで23年末までに1~2回の利上げ見通しを示した事)のは、tail riskが減少したから。それはポジティブな変化である。経済にとっても、企業にとっても良いことだ。多くの企業がインフレリスクを恐れ、投資を控えていた。インフレが安定的であるのであれば、資本支出のブームが起こるだろう。それはポジティブだ。金利が想定より低く推移するのであれば、評価の高い株に有利。究極的に、FOMCのメッセージは、1か月もたてば、株にとってポジティブなメッセージだったと受け入れられるだろう。

 

 

 

少なくとも今市場に出回っているカネ(というか、クレジット)の量が変わらなければ、全体的に見て株価は落ちようがありませんネ。

株を売っても良いけれど、そのカネをどこに持っていくつもりでしょう?

昨日は買いを入れておくべきでした・・・。眠っちゃったヨ。

 

 

 

ここからはメモ的に残しておこうと思いマスが、コモディティ価格が落ち着いてきた。

材木(1日足):

f:id:alibertarian:20210619092359p:plain

材木 1D 2021/6/18 - investing.com

銅:

f:id:alibertarian:20210619092620p:plain

銅 1D 2021/6/18 - investing.com

 

コーン:

f:id:alibertarian:20210619092735p:plain

コーン 1D 2021/6/18 - investing.com

 

投機的資金が減ったのか、企業のパニック買いが収まったのか、いずれにせよ経済や株にとっては良い事です。