塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

NFT、レストラン会員権・・・。

塾長です。

昨日(米国8/20)の米株以上は、大きく反発。

 S&P500、4,441(+0.81%)

 Nasdaq、14,714(+1.19%)

【米国市況】株が上昇、押し目買い入る-乱高下の1週間締めくくる - Bloomberg

 

 

債券、為替、コモ:

 原油、62.25

 10年債、1.2600

 ドル円、109.7400

 Bitcoin、49,202

 

 

重要経済指標の発表なし。

 

 

金融政策:

ダラス連銀総裁、テーパリングの見解は柔軟に「調整へ」-変異株次第 - Bloomberg

「デルタ変異株の感染拡大が長引く、ないし状況が英国やインドで見られたものと異なった形で展開し、需要への影響開始といった点でより厳しい状況になるようであれば、私はこれまでの見解に固執することなく柔軟な姿勢で機動的に対応したい」

 

 

中国:

中国株の下落が止まらない。

習近平氏の新中国、規制の恐怖広がる-国営メディアが消費者保護訴え - Bloomberg

香港株下落、ハンセン指数は弱気相場入り-中国企業の価値評価困難 - Bloomberg

中国、「反外国制裁法」の香港導入巡る採決を延期-全人代常務委 - Bloomberg

こちら、(普段中国株投資のために買っている投資信託eMaxis Slim新興国株式インデックスの1年基準価格推移:

f:id:alibertarian:20210821084841p:plain

eMaxis Slim 新興国株式 1Y - emaxis.jp

まだ今年1月の水準に戻っただけなので、早いかも知れませんが、押し目買いを入れておきます。

 

 

個別株:

Teslaが自社の先端ソフトウェア&それを支えるハードウェアに関する発表イベント、AI Dayを開催:

www.youtube.com

日本のメディアが多くカバーしているので、ここでは詳細割愛。

自動運転開発が順調に進んでいるのを示せたのではないかと思いマス。この領域で、既存自動車OEMは太刀打ちできない感じ。

が、市場は反応せず。+1.01%の$680.26。

Teslaの時価総額トヨタを超えたあたりから、既に織り込み済みという見方もアル。

 

 

最後はNFT(non-fungible toke)の話題を。

NFT推進者、VCR Group CEO ゲリー・ヴェイナーチェックがCNBCに出てました。

www.youtube.com

中身はあまりなくて、「誰もNFTなんて見向きもしなかったけど、最近流行ってきた」「VCR GroupがレストランのNFT化をしたので、見に来てくれ」の2点。

 

後者はコレ、NFT – VCR Group

会員制レストランをNYに3件作り、その会員権をNFTとして販売するそうです。2022年秋にオープン予定。

 

NFTと聞くと「つかみどころがなくて、良く分からないなー」という人が大半なんではないかと思いますが、理解するには、適用例(application)を知るのが近道だと思いマス。

会員権の売買自体は、NFTが無くても存在する行為。NFT化、ブロックチェーン技術を使ったプラットフォーム上で電子化することで、その売り買いが簡単になる、中間マージンを少なくできる、市場が広がる(世界中の人が売買できる)、偽造されない、という辺りがポイント。

そして、”会員権”の部分がコンサートチケット(ある特定のコンサートの特定の席を使う権利)であったりしても良いのです。昔はCD、DVDで買っていた音楽や映画を聴く・見る権利は、今はiTunesで買うようになり(Appleが中間マージンを取っている)、NFTを使うと音楽・映画制作者と視聴者の間、さらには視聴者間(中古CD、DVDでやってたように)で取引できるようになる。技術的には。

これを金融に応用したときの呼び名がDeFi、Decentralized Financce。債券、保険、不動産・・・をNFT化すれば、中間マージン取る人は減るし、世界中の人が取引できるようになる、という考え。

適用例毎(レストラン会員権、コンサートチケット、音楽、債券・・・)にプレイヤーが違っているので、「この会社がNFTで勝者になる」というのは無いし、まだ市場として確立していないので誰が勝つかはさっぱり分からない。

なので投資家としてNFTに将来価値があると思ったら、NFTに最もよくつかわれているであろうイーサリアムを買っておくのが良いのかな???今の所は。