塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【Party All The Time】アメリカ、最高。

塾長です。

昨日(米国10/22)の米株市場は、ヨコ。

 S&P500、4,544(-0.11%)

 Nasdaq、15,090(-0.82%)

【米国市況】S&P500種は8日ぶり反落、FRB議長発言が重し - Bloomberg

スナップ株急落が業界全体に波及、時価総額1000億ドルが吹き飛ぶ - Bloomberg

Snap、Facebookにエントリーするなら、今だネ!

ソーシャルメディアには投資しない方針なので、Squareを買ってみたけど、どうなることやら。

 

 

債券、為替、コモ:

 原油、83.98

 10年債、1.6550

 ドル円、113.4600

 Bitcoin、60,749

債券安(利回り上昇)、円安、Bitcoin高、どれも一服。

ビットコイン、年末までに10万ドル到達も-ストラテジストが予測 - Bloomberg

ビットコインETF、先物の建玉上限超えのリスク-プロシェアーズで - Bloomberg

 

 

経済指標:

米マークイットPMI、10月はサービス業が加速-製造業は減速 - Bloomberg

 

 

金融政策:

FRB議長、「テーパリング開始へ順調」-インフレ鈍化を予想 - Bloomberg

 

 

個別株:

23andMeがLemonaid買収。23andMeは個人の遺伝子解析をして、どんな病気にかかりやすいかを診断してくれるサービスを提供。Lemonaidはオンラインで診断&薬を処方・販売してくれるサービスを提供。

23andMe to buy telehealth firm Lemonaid for $400 mln | Reuters

23andMe CEO アン・ウォジッキ(読み方間違ってるかも。Ann Wojcicki)がインタビューに答えている(詳細割愛):

www.youtube.com

なんとも怪しい臭いしかしない。

 

さて、買われる方のLemonaidがどんな病気に対応して薬を処方しているかというと、彼らのwebサイトの最初のページを覗くと良く分かる:

f:id:alibertarian:20211023092640p:plain

Lemonaidhealth.com first page 2021/10/23

Anxiety(不安)、Depression(抑鬱)、Insomnia(不眠)、Erectle Dysfunction(勃起障害)・・・。

ようするに、「わたし、最近気分が落ち込むんですけど」と電話すれば、向精神薬(というラベルの貼ってある麻薬)を売ってくれるのですネ。

「三日も眠れなくて」と電話すれば、睡眠薬を送ってくれて、「最近朝立ちしなくて」と電話すれば、バイアグラを売ってくれて朝まで〇〇〇パーティーできるようになる、と。

ということで、本日のテーマソングはこちら、エディー・マーフィー、Party All the Timeをどうぞ。

www.youtube.com

歌詞としては、むしろこちらの方が合っているかも:

www.youtube.com

アメリカ、最高。23andMe株、買おうかな。

 

 

 

最後に、債券王ジェフリー・ガンドラックの短編インタビュー:

www.youtube.com

ーあなたは7月に我々の番組に出演したとき、「株は債券に対してのみ割安だ。そのレベルにある限り、株を持っているのはOKと思う」と語った。債券利回りが上昇している。このレベルでもOKと言えるか?

・7月にOKだったよりも、OKではない。FEDがテーパリングに対して真剣になり始めたからだ。Gundlach投資定数というものがある。それはS&P500全体の市場価値をFEDのバランスシートで割った数であり、それが一定だというものだ。FEDがテーパリングを始めれば、注意が必要となる。知っておくべきなのは、FEDが債券買入を減らすというのは、システムから刺激を減らす事である。一時的な例外を除いて、Federal Funds Rateは長期間ゼロに保たれている。その上で、FEDは2回の巨額量的拡大を行った。Atlanta FEDにはモデルがある。量的拡大せずにFFレートをマイナスにするとしたら、どれくらいマイナスにしなければいけないかを示すものだ。そのモデルによると、マイナス200 basis pointsが必要だそうだ。すなわち、FEDが計画しているとおり来年中旬に量的拡大を終了するとしたら、FFレートを200 basis points引締めるに等しいという事になる。それは市場にとって吸収するには難しいだろう。

ーしかし、システムに流動性は十分あるという事はないだろうか?パンチボールを流しに捨てたわけではない。

・政府が数兆ドルをばら撒いたことで、バランスシートに現金が載っている。2020年2Q、経済が奈落の底に落ちて、名目GDPは約$3.5T落ち込んだ。それ以来GDPは戻してきたし、若干超えたくらいにある。一方財政赤字GDPの25%ぶんである$6T増加した。貿易赤字GDPの数パーセントぶん増加。すなわち、経済成長をしていないのと同じである。

 

パーティーから現実に引き戻されてしまいました。