塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

強盗が企業業績押し下げ。

塾長です。

昨日(米国11/24)の米株市場は、マイナス圏からスタート、ダラダラ上昇してプラスでフィニッシュ。今日11/25は、感謝祭でお休み。

 S&P500、4,701(+0.23%)

 Nasdaq、15,845(+0.44%)

【米国市況】S&P500続伸、議事要旨後も終盤にかけ上昇-ドル高 - Bloomberg

 

 

債券、為替、コモ:

 原油、78.39

 10年債、1.6450

 ドル円、115.4360

 Bitcoin、57,170

 

 

経済指標:

 10月 耐久財受注[前月比]、-0.5%(予想0.2%)

 10月 耐久財受注・輸送用機器除く[前月比]、0.5%(0.5%)

 10月 個人消費支出(PCEデフレーター)[前年同月比]、5.0%(5.1%)

 10月 PCEデフレーター・食品・エネ除く[前月比]、0.4%(0.4%)

 10月 PCEデフレーター・食品・エネ除く[前年同月比]、4.1%(4.1%)

 10月 新築住宅販売件数[前月比]、0.4%(0.0%)

 10月 個人所得[前月比]、0.5%(0.2%)

 10月 個人消費支出(PCE)[前月比]、1.3%(1.0%)

米個人消費支出、10月は3月以来の大幅増-インフレも大きく加速 - Bloomberg

個人消費支出(PCE)は10月に前月比で増加、3月以来で最も大幅な伸びを示した。注目度の高い物価指数は、前年同月比での上昇が1990年以来の大幅となった。

関連ニュース:アパート賃料が全米で高騰、南フロリダやニューヨークでは30%超上昇 - Bloomberg

 

米新規失業保険申請、1969年以来の低水準-予想以上の大幅減少 - Bloomberg

ライトソンICAPのチーフエコノミスト、ルー・クランドール氏は「純粋に季節要因によるゆがみだ。今回の減少分の多くは来週、反転するだろう」と述べた。

 

 

個別株:

昨日はGAPと百貨店ノードストロムの悪決算を受けて、大きく株価が下がったのが話題。

ギャップ株が過去最大の下げ、米小売り時価総額1兆円超吹き飛ぶ - Bloomberg

ノードストロム株は29%安で終了。時価総額は約15億ドル減少した。ギャップの時価総額は約21億ドル減り、S&P500種株価指数の構成銘柄で値下がり率1位となった。2日間の下げでスポーツ用品販売のディックス・スポーティング・グッズの時価総額は約14億ドル、アパレル小売りアバクロンビー&フィッチは4億6000万ドルそれぞれ減少した。

  家電量販店のベスト・バイは23日の決算発表後の株価下落時価総額が約52億ドル失われた。利益率の悪化が響いた。

 

Best Buyの利益率悪化の理由がおもしろい(一昨日の記事より):

ベスト・バイ株急落、一時17%安-窃盗犯罪の増加が利益率圧迫 - Bloomberg

こちらは、同じニュースを伝えるCNBC:

www.youtube.com

ー決算を受けてBest Buyの株価は12%以上下げている。決算会見にて注目すべき発言があった。CEOコーリー・バリーは次のように述べた。”我々は組織犯罪の増加を目にしている。決算に影響を及ぼしている。我々の労働者にプレッシャーを与えている。”

 同じようなコメントは、先週Targetからも発せられた。

 これは労働者不足に拍車をかけているのかも知れない。インフレにも関係しているかも知れない。犯罪は、通常、経済が悪いときに増加する。

<ガイ・アダミ>Best Buyはモンスターだ。この株は数日前に最高値、142を付けていた。確かに今日は下げたが、8月から今までの値動きを見て欲しい。105から120のレンジ。ESPは予想を上回り、営業利益(operating margin)も予想以上。在庫は十分かどうか分からないが、人々のはBest Buy株に戻ってくるだろう。Best Buyはモンスターだ。

 :

 

以前もお伝えしたように※、米国では街中の店舗に押し入る強盗が大流行。その勢いはとどまる所を知らない。

こちら、11/23付けABC NEWS:

www.youtube.com

・当局がflash mob robberiesと呼ぶ強盗の心配が増している。集団でNordstromなどの高級店舗に押し入り、数千ドルもの商品を奪い、カネにしている。ケイリー・ハートンが動画を交えてレポートします。

<ケイリー>小売店を狙った”smash and grab theft”が全米で頻発している。ホリデーショッピング・シーズンが始まったところだ。カリフォルニア州ベイエリアでは突然、暴徒が店舗を襲うのを目にする。

 週末、Walnut Creekでは、80人の盗人がNordstromを襲撃。数人は従業員に暴力をふるい、盗品を両手にかかえ、逃走車で走り去った。

 サンフランシスコでは、Louis Vuittonを含む数件の店に、100人規模の人がなだれ込み、$1M(≒1億円)以上の商品を盗んでいった。

 これからホリデーシーズンに入る。ニューサム州知事は、ショッピングセンターにおける警察官の巡回を増やすと言っている。

 

こちらはシカゴやニューヨークでも同じような強盗が発生していると伝えている:

www.youtube.com

"smash and grab robbery"等で検索すると、似たような動画、記事がたくさんヒットする。

米国スゴイ。

 

 

※(2021/7/22付け):

alibertarian.hatenablog.com