塾長の資産運用

米国株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【スティーブン・ダヴァリア】インカム投資にはclosed end senior loan funds。

塾長です。

昨日(米国2/27)はNasdaqBitcoinが上昇。円は安定の150円台。

 S&P500、5,078(+0.17%)

 Nasdaq、16,035(+0.37%)

【米国市況】中長期債が下落、S&P500は小幅高-ドル150円台半ば - Bloomberg

 

 

債券・為替・コモ:

 原油、78.45

 10年債、4.3150

 ドル円、150.4880

 Bitcoin57,039

 

 

経済指標:

 1月 耐久財受注[前月比]、-6.1%(予想-4.9%)

 1月 耐久財受注コア[前月比]、-0.3%(0.3%)

 12月 ケースシラー住宅価格(20都市)[前年比]、6.13%(5.9%)

 2月 リッチモンド連銀製造業指数、-5.0(-9.0)

 2月 コンファレンスボード消費者信頼感指数、106.7(115.0)

 

 

金融政策:

■ボウマンがフロリダでバカンス・・・ではなく、講演;
ボウマンFRB理事、「まだその地点ではない」-利下げ開始は時期尚早 - Bloomberg

 ボウマン氏は27日、フロリダ銀行協会で講演。

 

 

財政政策:

■イエレンが中央銀行に金融緩和を(暗に)要請;
イエレン米財務長官、金融引き締めは世界見通しへのリスク要因 - Bloomberg

 イエレン氏は20カ国・地域(G20)の財務相中央銀行総裁会議に先立ちブラジルのサンパウロで27日に記者会見し、「多くの国で金融引き締め政策が実施されてきた。それが下向きリスクを生んでいる」と発言。「インフレは多くの諸国で下がってきている」としながらも、利下げが適切かもしれないと示唆するには至らなかった。

 

 

地政学

なし。

 

 

個別株:

■決算シーズンが最終コーナーに入り、小売業の決算が多い。

Macy's、Big 5 Sporting Goodsなど。どちらも悪い;
メーシーズ、150店舗を閉鎖へ-高級ブランドの成長に注力 - Bloomberg

Big 5 Sporting Goods Corp (BGFV) Faces Headwinds: A Dive into Q4 and Full Year 2023 Financials

 

 

■なるほど、BlackRockも(インデックス投資ではなく)アクティブ推しだったのですね;
ブラックロックが提唱する「新レジーム」、アクティブ運用の役割強調 - Bloomberg

10年にわたるインデックス投資ブームの波に乗ってきた資産運用最大手の米ブラックロックだが、投資家はもっとアクティブ運用戦略への依存度を高めるべきだと呼び掛けている。

どうりで首相が「資産運用立国」と言ってみたり、GPIFがアクティブ運用し始めたわけだ;
資産運用立国へ特区創設、海外勢の参入呼びかけ-NYで岸田首相 - Bloomberg

GPIF植田CIO、有能マネジャー発掘に注力-アクティブに手応え - Bloomberg

GPIFは積極的に株式アクティブファンドの採用を進めており、これまでの成績については「手応えを感じている」と話した。

市場が右肩上がりの時に勝てるのは当たり前。下げ相場で勝てるのか?というお話。

 

日本でも確定拠出年金(パッシブ運用)をもっと早くから始めて、拠出可能額を大きくしておけば、老後2,000万円問題なんて起きなかったのに;
米確定拠出年金401(k)でミリオネアの数、過去最多に迫る - Bloomberg

 

 

■最後に紹介するのは、インカム投資に関する記事、本を書いているスティーブン・ダヴァリアのインタビュー。上の話とも関連する;

www.youtube.com

彼によると・・・、

  • 株にほったらかし投資しておけば平均+9%/年になるが、普通の人にはボラタリティーを乗り切って、投資を続けるのが難しい。
  • インカム投資であれば、定期的な収入があるので、ボラタリティーを忘れられる。
  • 株(+9%)と債券(+3,4%)のポートフォリオを作り、+6%のリターンにすることもできる。
  • (米国における)インカム投資商品には、値上がりを捨てて、+8~10%/年を定期的に得ることができるものがある。ハイイールド債、シニアローンで組成されたclosed-end funds、カバードコール・ファンド、BDC、REITなど。
  • 資産形成期にはそれらのインカム投資から得られるリターンを再投資すれば、どんどんインカムが増えていく。引退後はリターンを使えば良い。
  • お勧めするのは(インカム投資の)分散投資。自分が買っているのはプロフェッショナルが提供しているclosed-end seniro loan funds。私自身は個別債券を選ぶのが下手なので、プロに任せる。
  • これらはSexyではないので、CNBCでは取り上げられない。彼らが語るのは国債や投資適格社債。それらを満期まで保有するのではなく、利率の変化で儲けようとする。私が投資しているのは中小企業のcredit。多くの人が「ジャンク債なんか怖くて手を出せない」と言うが、広く株に分散投資していれば同じ会社が発行している株が入っている。同じ会社が発行する株と債券であれば、債券の方がリスクは低いのだから、ジャンク債を(必要以上に)恐れる必要は無い。

だ、そうです。

 

しかし、お勧めされているような(米国の)closed-end seniro loan funds(返済順位の高いローンをまとめた期限の決まっているファンド。Blackstone GSO Strategic Credit、Invesco Senior Incomeなど)や、BDC(business development company。ARCC、PSECなど)を日本から買う事はできませんよね?

 

open endなら買えるのですが。

一例としてSPRDブラックストーン・シニアローンETFSBI証券

SRLN - SBI証券

利回り8.42%、Expence Ratio 0.70%、価格が徐々に下がっているので、リアルな利回りは5%くらい?

 

”資産運用立国”で今まで日本で買えなかった優秀な金融商品が買えるようになるなら歓迎ですが、ハゲタカが来るだけならヤメテ欲しい。

 

 

彼の書いた本がこちら;

 

 

ーー

ランキングサイトに登録しています。いつもポチっとして下さり、ありがとうございますm(__)m

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


米国株ランキング

Alphabet急落(-4.5%)。【イーロン・マスク】GoogleからWoke官僚主義者を追い出さない限り、事態は悪化する。

塾長です。

昨日(米国2/26)の米株はサゲ。特に材料は見当たらないが、BloombergはPCEを警戒していると言っている(↓)。

 S&P500、5,069(-0.38%)

 Nasdaq、15,976(-0.13%)

【米国市況】株下落、指標やFRB高官の発言待ち-ドル150円台後半 - Bloomberg

 金融当局がインフレ目標の基準としている個人消費支出(PCE)価格指数が29日に発表される。食品とエネルギーを除いたPCEコア指数は1年ぶりの大幅上昇が予想されており、物価上昇を抑えるための道のりの険しさが浮き彫りになりそうだ。 

 

 

債券・為替・コモ:

 原油、77.61

 10年債、4.2990

 ドル円、150.6020

 Bitcoin54,606

 

 

経済指標:

 1月 新築住宅販売件数、66.1万件(予想68.5万件)

 同[前月比]、1.5%(3.3%)

 

 

金融政策:

なし。

 

 

財政政策:

■米国内半導体製造工場建設にジャブジャブとカネが入っている;
先端半導体企業、700億ドル超の米助成金を要請-レモンド商務長官 - Bloomberg

先端半導体企業は米国内のプロジェクト向けに利用可能な連邦資金の2倍余りを要求していると、レモンド米商務長官は明らかにした。半導体製造を米国内に呼び戻すことを目的としたプログラムに言及した。

日本の半導体製造装置メーカー株価も上がるわけだ。

 

 

地政学

なし。

 

 

個別株:

■Unity、Zoom、Workdayなどが決算を出しましたが、興味が無いのでスルー。

 

 

■Alphabet株が下げている(-4.50%)。Bloombergは「OpenAIがBingを使って検索サービス始めるから」と書いている;
アルファベット株に売り、オープンAIが検索サービス開発との報道で - Bloomberg

が、Microsoft株も下げている(-0.68%)。

 

どうやら、(Bart改め)Geminiの生成画像が余りにヒドく、一時停止になったのが原因らしい。「建国の父の画像を出して」と問いかけると、有色人種の画像が出てくるそうで;

Google apologizes for ‘missing the mark’ after Gemini generated racially diverse Nazis - The Verge

グーグル、Geminiの人物画像生成を停止「歴史的な人物の描写が不正確」 - Impress Watch

 

右寄りのNY PostやFox Newsは面白おかしく書きまくっているが、左寄りメディアは取り上げていない。

CNBCもおっかなビックリの扱い。ジョシュ・ブラウンだけがマトモな話をしていた(2:50~);

www.youtube.com

 Alphabetの問題は雇い過ぎ。ウィルスを輸入してしまった。彼らは全てのレベルに存在する。彼らは、社会的不正義、社会経済問題、人種問題、性不平等を正そうとする。彼らはソフトウェア製品を使って、それら、一部は数千年に渡り人類につけられた傷を癒そうとしている。彼らは2つのうちどちらかを選ばなければならない。企業の利益に沿った行動をするか、諦めるか、だ。

 Metaは彼らをクビにするのに1.5年かけた。Metaは利益率を上げるため、リーンになるためとしか言っていないが、Metaのビル内には独自の意図(agenda)を持った人たちがいたのだ。

 私はAlphabet株を売るつもりはない。修正できる問題だからだ。

株式市場では、Woke系の会社が罰せられるようになってきたのかも知れない(Disney、Target、Bud-Light・・・)。

 

ジョシュ・ブラウンは「Metaがやったように、Wokeな人をクビにすればよい。解決可能」と言っているが、イーロン・マスクは懐疑的なニュアンス。マスクはGoogle幹部と話をしたようで、このようにツイート;

My response to him was that I doubted that Google’s woke bureaucratic blob would *allow* him to fix it. Unless those who caused this are exited from Google, nothing will change, except to make the bias less obvious and more pernicious.

私が彼(Google幹部)に言ったのは、GoogleのWokeで官僚主義的な馬鹿者達が(Geminiの)修正を許さないだろう。この問題を引き起こした者達をGoogleから追い出さない限り、何も変わらない。むしろ偏見は明白さの度合いを低下させ、より悪質になるだけだ

下線太字部分が重要。建国の父が有色人種でないのは明白なので、それは修正できるでしょう。しかし、Geminiのフィルター(偏見)を巧妙に進化させれば、Googleが世論を操作できるようになるかも知れない。

既にGoogle検索エンジンYoutubeお勧め動画で、それをやられてしまっているかも?

 

そんな右寄りのマスクを攻撃しているのは、左寄りのBloomberg
マスク氏が進めるラスベガス地下トンネル、安全基準違反が常態化 - Bloomberg

・採掘作業員は促進剤を含む泥水で日常的にやけど-労働安全衛生局

・トンネル拡張計画は進まず、他の「ハイパーループ」計画は立ち消え

マスクの肩を持つ気はまったく無いですが、なぜこの記事の今出すの?とBloombergの意図を勘繰ってしまう。

 

 

 

 

 

【超蛇足】

「建国の父の画像が有色人種」と聞いて、映画『Malcolm X』でデンゼル・ワシントン演じるマルコムXが「イエスヘブライン人だった。彼の肌は(絵に描かれているように)青白くなかった」と言うシーンを思い出してしまいました;

www.youtube.com

www.imdb.com

 

 

ーー

ランキングサイトに登録しています。いつもポチっとして下さり、ありがとうございますm(__)m

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


米国株ランキング

【トム・リー】多くの人が「これはバブルだ」と言っている間はバブルではない。AIの狙いはサービス業労働者の置換えだ。

塾長です。

昨日(米国2/23)の米株は一服。空売りが溜まっているようなので(↓)、まだ上がりそう。

 S&P500、5,088(+0.03%)

 Nasdaq、15,996(-0.28%)

【米国市況】S&P500種は5100突破後に騰勢失う、ドルは150円台半ば - Bloomberg

 エヌビディア株価が22日に急騰したことで、空売り筋には約30億ドル(約4500億円)の含み損が生じた。S3パートナーズが分析したもので、空売り筋にとって「AI生成の悪夢」になったと指摘している。S3によると、エヌビディアの空売り残高は183億ドル相当で、米国市場で3番目に多い銘柄となっている。

 

 

債券・為替・コモ:

 原油、76.57

 10年債、4.2600

 ドル円、150.4400

 Bitcoin、50,654

 

 

経済指標:

なし。

 

 

金融政策:

■ウォラー、ウィリアムズ。最近、FED高官は同じ事(辛抱強く良いデータが続くのを待つ。利下げは今年中)しか言わないので、面白くない;

ウォラーFRB理事、利下げ時期の判断には忍耐必要-急ぐ必要ない - Bloomberg

ウィリアムズNY連銀総裁、年内に利下げを実施する可能性は高い - Bloomberg

 

 

財政政策:

なし。

 

 

地政学

ブリンケン米国務長官、イスラエルの入植活動は「国際法違反」 - Bloomberg

 

 

個別株:

■注目決算なし。

 

■Fundstrat トム・リーのインタビュー;

www.youtube.com

ーセンチメントは伸びている(extended)。多くの人がロングだ。それでも、あなたはまだ[株高を]疑っている人が多いと思っているのですか?

・そうだ。いくつか理由がある。

 一つは、値上がりしている株が集中していると思っている人が多い。FAANG、Mag7は高価だと。しかし、nVidiaのfree cash flow yield(=フリーキャッシュフロー時価総額)は3%だ。それはS&P[500]と同じであり、高価ではない。まだディス・インフレのマインドがあり、インフレが停滞する(stall)か、再燃すると思っている。投資家は市場をショートする傾向にある。

 センチメントがネガティブであるという最も良い証拠は、人々が「市場は高い」と言う一方で、FAANGを除けばPERは15倍で、この水準が高価だと言われた事は無い。株が上昇しているのを見て、それに参加していない人がバブルだと思っているのだろう。

 

ー心配はないのですか?nVidiaは”一晩で”時価総額が$1Tから$2Tになった。

・株価が急激に上がったとき、見積もりを変えるか、将来成長を見直さなければならない。興味深いのは、nVidiaの1年前のフリーキャッシュフローは$7Bであり、今はrun rate(現在の傾向が継続した場合の推計)で$50Bくらいある。約7倍になったが、株価はそれほど上がっていない。

 私はコンセンサスが「バブルでない」「リスクは無い」と宣言しない限り、バブルは起こらないと思う。その時、バブルの可能性が高い。人々が「これはバブルだ」といっている間は、まだ初期の段階だ。

 

ー市場はかつて予想していたよりFEDの利下げが遅れると考えるようになった。しかし、いつかは利下げがあると思っていて、この株高に織り込まれている。もし利下げされなかったら、どうなるでしょう?

FEDが利下げしなければ、株式市場には大きなリスクになる。しかし、株が高い、もしくはISMが上昇したという理由だけで、FEDが利下げを思い留まることはないだろう。FFレートは5.5%に近い。それは先進国の中で最も高い。米国10年債は約4.5%だ。ドイツの10年債は2.5%だ。債券市場そのものが、FEDは引締め過ぎだ、と語っている。

 

ー3月に利下げがあると思いますか?

・その可能性は市場が織り込んでいるより高いだろう。その多くが3/12に発表される2月CPIにかかっている。1月CPIには異常値があった。季節調整がうまくいっていなかった。スーパーコア上昇分の約半分が自動車保険だった。それらが改善すれば、ホットな1月CPIでre-priceされた分の多くが反転するだろう。

 

ー利下げが3月にもなく、5月もなかったら?

・3、5月でもなく、2024年に利下げがなさそうとなれば、株へのプレッシャーとなる。FEDが7回の[CPI]レポートのうち6回が良くて満足せず、10回のうち9回良くなければいけないとガイドを変更するならば・・・、株式市場はしびれを切らして、ラリーする。全てはインフレ率の軌道(path)である。

 

ーAiブームによって金融環境が緩んでいるのを心配する人もいる。それが利下げ時期を遅らせる、と。

・AIブームは、その株を持っている人を裕福にする。しかし、それが平均的なアメリカ人の消費パターンに影響を及ぼさない。AIブームのターゲットはサービス業労働者をシリコンで置き換えることである。90%がnVidiaに行く。実現すれば、それはデフレ的である。労働市場にとってデフレ的。FEDはAI株が上がっているのを心配する必要は無い。

しつこく「利下げがなかったら?」と聞いているが、そんな事を聞いてどうなる?という気がしますネ。

ということで、

nVidia株価はフリーキャッシュフローから見れば高過ぎない。

・Mag7を除けばPER15倍程度。15倍が高いと言われた事は無い。

・多くの人が「これはバブルではない」と言ったらバブル。今はまだ「バブルだ」と言っているので、バブルではない。

・1月CPIは異常値。季節調整がうまくいっていない。自動車保険の値上がりは一時的。それが2月CPIで確認されれば、(下がった株価や、上がった債券利回りの)大部分が元に戻る。

AIの狙いはサービス業労働者をシリコン(≒機械)で置き換えること。それはデフレ的である。

だ、そうです。

 

シリコンだけで完結するものもありますが(GitHub Copilotとは? 利用可能な開発環境・導入方法・活用事例を紹介 - ログミーTech)、サービス業労働者を機械で置き換えようとすると手足が必要。

ということで、カネを持っている人(/企業)はロボットに投資しているようです;
ベゾス氏やエヌビディア、ヒト型ロボット開発フィギュアAIに出資 - Bloomberg

テスラの人型ロボットに新型、「Optimus Gen 2」発表 指の動きがなめらか、ぬるぬる動く - ITmedia NEWS

自動運転もその一部と言えるでしょう;
Watch Tesla Full Self-Driving Beta v12 autonomously look for a parking spot | Electrek

 

その背景(サービス業労働者を機械で置き換えたいと思わせるもの)は賃金上昇;

UPS CEO says drivers will average $170,000 in pay and benefits at end of 5-year deal

What's the deal? UAW details gains of new four-year contract with GM

Automakers with non-union workforce race to bump pay after UAW's record deals/

CA minimum wage increases to $20 or more for 2 industries - CalMatters(ファーストフード店の最低賃金3,000円)

 

 

 

しかし、日本を代表するロボットメーカー(FUNAC、安川)の株価は中国景気後退で冴えない。「トヨタの自動運転がスゴイ」という話も聞かない。

日本でこの手のイノベーションが起きないのは、賃金が上がらないからなのか、機械音痴/嫌いな人が多いからなのか・・・。

日本もカリフォルニアを(悪い意味で)見習って、最低賃金を3,000円に上げてしまってはどうでしょう。

ビニール袋を有料にしたように、自動精算機を使わないと(人を介して清算すると)500円徴収と法律で定めるとか。

 

・・・。

 

米国社会が良い方向に向っているとは思いません(薬物、犯罪・・・)が、企業活動をみていると、投資するのは米国企業かな、と。

 

ーー

ランキングサイトに登録しています。いつもポチっとして下さり、ありがとうございますm(__)m

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


米国株ランキング

【ジム・ビアンコ】住居費のギャップが埋まるまでCPIは2%に下がらない。

塾長です。

昨日(米国2/22)の米株はnVidia決算を無事通過し、再加熱。Nasdaqは16,000を超えた。熱くて触れない。

債券利回りも上がっている。

 S&P500、5,087(+2.11%)

 Nasdaq、16,041(+2.96%)

【米国市況】株価指数は最高値、AI旋風が地球一周-ドル150円台半ば - Bloomberg

  米国株式相場の大幅高と、企業の大型起債が相次いだことも利回り上昇に影響し、年内の利下げ観測はさらに後退した。今年予想される利下げ幅は、合計80ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)前後に縮小。ピーク時には150bpを上回っていた。

  10年債利回りは一時3bp上昇し4.35%と、昨年11月30日以来の高い水準を付けた。

80ベーシスポイント=0.25利下げを3.2回。12月ドットプロットにほぼ一致。

 

 

債券・為替・コモ:

 原油、78.32

 10年債、4.3270

 ドル円、150.4590

 Bitcoin、51,216

 

 

経済指標:

 1月 中古住宅販売権数、400.0万件(予想395.0万件)

 同[前月比]、3.1%(5.0%)

 2月 製造業PMI、51.5(50.2)

 2月 サービス業PMI、51.3(52.1)

 2月 コンポジットPMI、51.4(51.7)

米中古住宅販売、ほぼ1年ぶりの大幅増加-ローン金利低下が後押し - Bloomberg

  在庫は比較的限られた状況が続いていることから、価格に引き続き上昇圧力がかかっている。中古住宅の販売価格(季節調整前、中央値)は前年同月比で上昇して37万9100ドル(約5700万円)と、1月としては過去最高となった。前年同月比での上昇はこれで7カ月連続。

米中古住宅販売、1月は前月比3.1%増の年換算400万戸-予想を上回る - Bloomberg

  中古住宅の販売価格(季節調整前、中央値)は前年同月比5.1%上昇し37.91万ドル。

米製造業活動は伸び加速、PMIが22年9月以来の高水準-受注堅調 - Bloomberg

  今後の生産見通しを示す指数はやや低下したものの、なお22年4月以来の高水準付近にある。

 :

  サービス業と製造業の雇用の伸びは、前月からほぼ変わらず。サービス業では、コストへの懸念から採用にやや慎重な姿勢が示された。

米失業保険申請は予想外の減少、1カ月ぶり低水準-労働市場堅調 - Bloomberg

  変動のより少ない失業保険申請件数の4週移動平均は21万5250件に減少した。

 

 

金融政策:

■ハーカー;

ハーカー総裁、早過ぎる金融緩和のリスクを強調-年内利下げは適切 - Bloomberg

  ハーカー総裁はここ数カ月のインフレ状況の進展を評価しながらも、より広範なディスインフレを望んでいると述べた。

 

 

財政政策:

なし。

 

 

地政学

なし。

 

 

個別株:

■Blockなどが決算;

Block’s Shares Surge After Results Beat Analysts’ Estimates

時間外+14.02%、77.45ドル。

 

 

■世の中、AI熱にうなされていますが、今日の〆はジム・ビアンコ。2月14日、Macro Voicesの定例インタビュー。

彼は常々「インフレ率は(容易に)2%に下がらない。3%近辺に留まる。金利も高いまま。それが新たな正常(new normal)である」と主張している。

インフレ率を押し上げているのは、特に住居費。

(株強気派トム・リー、シーゲル教授などは「リアルタイムのデータを見れば、住宅価格、賃料は下がっている。時間差があるだけで、すぐにCPIの計算に使っている住居費も下がる」と主張。

このインタビューでは、ジム・ビアンコが、なぜ住居費が下がりにくいと考えているのかを詳しく説明しているので、その部分を切り抜いてご紹介;

www.youtube.com

・CPIの住居費を構成するのは、owner's equivalent rent(OER)とrent of primary residence(RPR)。前者は持ち家所有者に「今住んでいる家を貸し出すとしたら家賃はいくら?」と聞いたもの。後者は賃貸人に「あなたの家賃はいくら?」と聞いたもの。

・多くのエコノミストはこの(↓)チャートを見ている。

Leading Shelter Inflation - Bianco Research

 青太線:owner's equivalent rent

 橙太線:rent of primary residence

 茶線:AparmentList Index

 緑線:S&P Case-Shiller Home Price Index

 赤線:Zillow Rent Index

2021年以降、リアルタイムなデータであるApartmentList、ケース・シラー、Zillowが急激に上昇し、OERとRPRの動きは緩やかに上昇。

2022年後半以降、ApartmentList、ケース・シラー、Zillowは急激に低下。OER、RPRもゆるやかに低下。

リアルタイムデータがOER、RPRに先行しているように見えるので、多くのエコノミストは「すぐに住居費は下がる」と結論付けている。

 

・しかし、本来見るべきチャートはこれ(↓)だ。

2015年を起点とし、それぞれのデータの上昇(or 下降)を累積したもの(ApartmentListは2017年からのデータしかないので除外)。

CPI Measures of Inflation Are Behind - Bianco Research

未だに(リアルタイムデータである)ケース・シラー、Zillowのデータと(CPIの構成要素である)OER、RPRの間に大きなギャップがある。

同じモノ(住居費)を表しているのだから、このギャップは埋まるはずだ。

すなわち、(ケース・シラー、Zillowが下がっても/上昇率が緩やかになっても)引き続きPER、RPRは高い値を保つ。

CPIの1/3を占める住居費が高いままなので、CPIは下がらない(下がりにくい)。

 :

 

(この他にも、ガソリン価格が上昇している事などをインフレ率が下がりにくい理由として挙げているので、全編見るのをお勧めします)

、だそうですヨ。

 

 

彼が正しければ、金利は高止まり。景気後退の確率が徐々に高まって行く。

円安も続く。

米株高で沸いているが、今は(円で)ドルを買う気になれない。

日本株もそろそろ頂点を付けそう。

困った、困った。

ああ、饅頭怖い。

ーー

ランキングサイトに登録しています。いつもポチっとして下さり、ありがとうございますm(__)m

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


米国株ランキング