塾長の資産運用

アメリカ帰りの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【雑談】Fry's Electronics閉店だって。

塾長です。

先週木曜日ですか、2021年2月25日、Fry's Electronicsが閉店のお知らせをだしたそうです。Fry'sは非公開企業。

www.usatoday.com

 

近年はテレビ・ホームシアター、家電、PC・PCパーツ、ゲーム、DVD・Blu-ray映画、オフィス用品、携帯、(ゲームをやりながら・映画を見ながらつまむ用の)お菓子・飲み物など幅広く品ぞろえし、日本で言えばビックカメラ的でしたが、36年前の開店当初は秋葉原ラジオ会館的な雰囲気を醸し出し(←そこまでディープではない)、当時まだ牧歌的だったシリコンバレーでオタクに人気のお店でした。

Palm Pilotを買いに行った思い出があります。

米国で家電量販店チェーンと言えば、今はBest Buyくらいしか残っていませんが、Best Buyと比較した場合、PCパーツの品ぞろえを除くと、特徴的だったのがレジ・会計。家電に限らず一般的に、日本に比べ、米国での会計処理は時間がかかる。店員のレベルが低い、オペレーションが洗練されていない、多分店側も改善しようという考えが無い、さらに客の質も悪い。

そこで考え出されたのが、チェックアウトカウンターを大量に配置、客を一列に並べ、空いたカウンターに誘導する方式:

https://www.techrepublic.com/a/hub/i/2006/07/18/ad5e7f12-c3c2-11e2-bc00-02911874f8c8/4465.jpg

(techrepublic.comより引用)

そんなの普通だろ?と思うかも知れないが、Best Buyはスーパーマーケットと同様、一つのレジに一つの列を作っていて、前に並んだ客が「この商品はアレに使えるのか?」などと言い出すと、5分程度待たされるのは普通。そして、隣の列に並んだ客に抜かされる。日本的サービスに慣れた身には、なんとも気持ちの悪いシステム。(なので、Best Buyの株は買いません)

 

Company Manは、Amazon・Internetに負けたんだろうと言っている:

www.youtube.com

 

若干似たような家電量販チェーンのRadio Shackが2015年に破産していた事を考えると、今までよく頑張った、と言えるかも知れない。

 

 

 

そして、日本はこのInternet時代に(会社・店ではなく)秋葉原という街をうまく発展させたな、と感心せざるを得ない。インバウンドの集客も出来ている(コロナ影響を除く)。

ただ、さらにもう一歩が足りないような気がして、居心地が悪い。これをシステム化する、産業として捉えることが出来ていない。AKBがAKTを作る、ドンキがタイ、マレーシアに店を出す、以上の事ができるのではないか。海外に”秋葉原”を作ることはできないのか。”メイド”を輸出できないのか。

フィリピンでは、メイドの輸出は産業になっている・主要な外貨獲得手段。長年アイドルを輸出産業にしようと必死に努力した韓国、2020年、ようやくK-Popアメリカで花開。Psy、Gangnam Styleから8年、よく頑張りました。映画「半地下」もありました。

日本はCool Japanにムダ金使っている場合ではないヨ。

オールドビジネスであれば、ソフトウェアPlatformで成功しているSony任天堂、人材派遣のリクルート、不動産デベロッパー、全体をまとめられる商社あたりにチャンスがあると思っています。残念ながら、古い人達は手を出さない気がしますネ。

ニュービジネスだと、Softbank Groupになっちゃうのかぁ。そう言えば、ベインキャピタルが大江戸温泉を売却すると言っていたのは、どうなってましたかネ?SoftbankGが買ったら、温泉含めた日本文化を海外展開できると思う。

GameStopとか、バブルとか。

塾長です。

昨日(米国2/26)の米株市場は、マチマチ。

 S&P500、3,811(-0.48%)

 Nasdaq、13,192(+0.56%)

 Russell2000、2,201(+0.04%)

【米国市況】ハイテク株持ち直し、10年債利回り1.5%下回り安定回復 - Bloomberg

 

債券、為替、コモディティ

 10年債、1.4600

 ドル円、106.5500

 Bitcoin、45,813

 原油、61.66

米国債急落の主犯は巨額の持ち高解消か、入札不調と流動性消失も共犯 - Bloomberg

リスクパリティー戦略のクオンツを直撃、株式と債券の同時急落 - Bloomberg

ゲイツ氏vsマスク氏、ビットコインへの投資は是か非か - Bloomberg

 

 

経済指標:

 1月 個人消費支出(PCEデフレーター)[前年同期比]、1.5%(予想1.4%)

 1月 個人消費支出(食品・エネルギー除く)[前月比]、0.3%(0.1%)

 同[前年同期比]、1.5%(1.4%)

 1月 個人所得[前月比]、10.0%(9.5%)

 1月 個人消費支出(PCE)[前月比]、2.4%(2.5%)

 2月 シカゴ購買部協会景気指数、59.5(61.0)

 2月 ミシガン大学消費者態度指数・確報値、76.8(76.5)

米個人所得が急増、経済対策で-消費支出7カ月ぶりの大幅な伸び - Bloomberg

米消費者マインド、2月は6カ月ぶり低水準-期待指数が特に悪化 - Bloomberg

日本でも、もう一回バラマキやらないかな・・・。

 

 

個別株では、一旦収束したかのように見えたGameStop株が3日前くらいから盛り返している。一部の投資素人、ギャンブラーが遊んでいるだけ、と無視していたが、そうでもないよ、という話が2件あった:

1つ目、元SEC コンプライアンス・オフィサー、エイミー・リンチのインタビュー:

www.youtube.com

・(GameStop株価が大きく動く)タイミングが問題だ。1月の最終週(last trading week)に、最初の動きがあった。ショート・スクイーズが起こった。そして今、2月の最終週。これは偶然ではない。機関投資家、ファンドマネージャが最終週にやる事は、パフォーマンスの報告である。それらの機関は今、月末に向け、パフォーマンスの数字を作っている。私の意見だが、この動きの裏には、機関投資家がいる。彼らが月末のパフォーマンスを上げるために、取引をドライブしている。

・これは株価操作の可能性もある。規制当局が見ているところだ。2か月連続したパターンがある。2月のトレードは1月ほどうまく行かないだろう。理由は2つ。ショート勢がいないので、ショート・スクイーズができない。2月は他の月に比べて日数が少なく、最後の二日は週末だ。しかし、このトレードが続くのであれば、3月はデカくなる。四半期の締めでもある。誰もがパフォーマンスを報告しなければならない。もし私が考えている通りだとしたら、このトレードは3月に弾ける。そして規制当局が捜査に入り、彼らを捕まえるだろう。

ーしかし、規制当局が捜査すると言っても、アルゴリズム掲示板を分析しているだけなら、立証するのは難しいのでは?

・その通りだ。規制当局は、彼らが持っている手段を使うしかない。誰も絵文字や写真を解釈するmagic keyを持っていない。古い分析手法、誰が誰といつ取引したかのデータを見る。そうすれば、誰が裏で何をやったかが分かるだろう。

 

2つ目は、Insider CEOヘンリー・ブロジェット。

www.youtube.com

ー昨日GameStopを6ドルとするcallが300あった。これだけ値動きが激しいと、どこまで損失が膨らむか分からない。私であれば、死ぬほど怖い。

・その「死ぬほど怖い」という感情は、投機アプリに飛びついている人達に届けるべきだ。多くの人が殺される。今後1、2週間で、我々は法医学的報告書を出すことになるだろう。その一つは、安全だと思って売ったショート側が殺された。

 私は1990年代を生きてきた。この20年間、しばしば投機的な動きがあるたびに「これは1990年代と似ているか?」と聞かれた。今までは「いやいや、まったく違う。レベルが違う」と答えていた。そして、今、1990年代とまったく同じ状況になっている。気が狂った投機、熱狂、その熱狂を批判する者に対する怒りの量は、まったく1990年代と同じだ。最終的にどうなるかは誰にも分からない。今が1998年なのか、1999年半ばなのか、2000年の初めなのか。誰も答えを知らない。しかし、私は、数年後今の状況を振り返って、歴史的投機が繰り返されたのだと認識するだろうと思う。

金利が上がってバリュエーションが下がるのは当然という人もいれば、金利がテック企業の将来を変えることはない・株は上がると主張する人もいる。(金利は)株価に影響を及ぼすよね?

・まったくその通り。1990年代後半、私を含め、誰もがこう言っていた。Internetが世界を変える、驚くべきビジネスを生み出す、既存ビジネスを破壊する、と。実際、その全てが起こった。それは、1990年代後半に最も過激に考えていた人の想像を超えていた。しかし、そうだとしても、2000年から2002年にかけて、ほとんどのテック企業株は完全に破壊された(absolutely obliterated)。それが私の言いたい事だ。ファンダメンタルの分析が正しかったとしても、一時的に株は殺されるのだ。さらに付け加えたいのは、多くの巨大テック企業は、クレイジーというほど割高ではない。

ー1990年代と聞くと驚かずにはいられない。「今回は違うんじゃない?」的な質問はしたくないのだけど、多くの人が、今回の現象は市場のほんの一部だけだ、市場全体の事象ではないと言っている。

・それは、単なる気休めの言い回しに過ぎない。1990年代も同じだった。Internetはとてつもなくパワフルで、大規模で、素晴らしい企業を作る、と。まったく正しかったのだ。繰り返しになるが、中間地点での株式市場は厳しかった。とてつもなくキチガイじみた投機が、様々な領域に広がっている。SPACや、いつ利益が出るか・いつまでも利益が出ないかも知れない企業に対してだ。それと同時に、市場全体が歴史的に高い水準にいる。2000年に比べてもだ。それは金利のおかげだ。

 

 

バブル崩壊が起きても切り抜けられる資金管理をお願いします。

2月25日、自動車ニュースまとめ【Tesla、Fisker、Nikola】

塾長です。

昨日も自動車関連でいくつかオモシロイニュースがありましたヨ。

 

 

まずはTesla株が急落。まぁ、これは良いでしょう。

テスラ一時9.6%、アーク4日で15%急落-米長期金利上昇がテク株直撃 - Bloomberg

 

 

先日お伝えした「USPSが次世代配送車をWorkhorseではなく、Oshkoshから調達することにした」件、議会から横やりが入った:

www.youtube.com

・utility vihecleの会社であるWorkhorseの株価が急騰している。下院民主党USPSOshkoshの契約中止を求めた。

 

民主党USPS内燃機関車を買うのが気に入らないのかな?

Workhorse株価は+24.72%の18.87。

Oshkoshに負けたニュースが出る直前の株価は28ドルなので、全然取り返せていない。

 

 

先日Foxconnに車両製造を委託すると報道されたFisker。決算を発表:

www.youtube.com

・Fiskerの公開されてから初めての四半期決算がでた。一株当たり5セントのロス。市場予想は大きく振れているので、これをどう評価して良いか分からない。興味深いのは、Fisker Oceanの予約(reservation)状況。12,467台。10月以来、daily reservation reateが400%上昇した、2022年4Qに製造開始で、オンスケ、とのこと。

 

 

多くの人が忘れている(忘れたがっている)Nikolaも決算発表。

www.marketwatch.com

・第4四半期、$147M、一株当たり38セントの損失。前年同期は$26M、16セント/株の損失だった。

・FactSetがまとめたアナリストのadjusted lossの期待値は24セント/株。

・決算報告書の中でChief Executiveマーク・ラッセルは「Nikolaは会社をreforcase, realignするために必要な変革を行った。資源を我々のコアビジネスであるバッテリーと水素駆動のheavy-duty truckと、水素充填インフラにlaser focusする」と述べた。

・火曜日、Nokolaは水素トラックの詳細計画を明らかにしている。バッテリー駆動のトラックであるNikola Treの水素バージョンを2022年にロードテストする予定。

・木曜日、Nokolaは次のようにも述べた。バッテリー駆動のNikola Treの試作機を5台完成しており、4台が米国、欧州でテスト中。試作機第二群はドイツで組み立てられる。

 

米国と欧州の2面展開ですか!

初めてトラック(や、乗用車)を売り出すときは、1か所から始めそうなものですが、米国だけでは販売計画を達成できそうにもなく、環境車が売れそうな欧州に同時展開するしかない(やぶれかぶれ)、という感じ?

株価は-6.81%の19.72。市場からの評価は低いまま。

AT&TがDirecTV分離するも、株価は反応せず(泣)

塾長です。

昨日(米国2/25)の米株市場は、大幅反落。

 S&P500、3,829(-2.45%)

 Nasdaq、13,119(-3.52%)

 Russell2000、2,200(-3.69%)

【米国市況】株反落、ハイテクに売り-10年債利回り一時1.6%台 - Bloomberg

 

債券、為替、コモディティ

 10年債、1.5180

 ドル円、106.2280

 Bitcoin、48,038

この後でも触れますが、債券利回り上昇が止まらない:

米国債利回りスピード上昇、10年物一時1.6%台-リスク資産に警報 - Bloomberg

国債売りが売りを呼ぶコンベクシティヘッジの影、市場は戦々恐々 - Bloomberg

ブラード総裁、10年債利回り上昇「適切」-力強い回復見通し反映 - Bloomberg

 

経済指標:

 1月 耐久財受注[前月比]、3.4%(予想1.1%)

 1月 耐久財受注・輸送用機器除く[前月比]、1.4%(0.7%)

 1月 住宅販売保留指数[前月比]、-2.2%(0.0%)

 同[前年同月比]、8.2%

米耐久財受注、1月は6カ月ぶり大幅増-航空機の受注などを反映 - Bloomberg

米中古住宅販売成約指数、6カ月ぶり低水準-在庫不足が影響 - Bloomberg

 

 

個別株では、HP、Dellなどが決算。コロナのおかげで、PCビジネスは調子が良く、好決算。

ただ、長期金利の上昇で、バリュエーションの高い銘柄が一様に売られた。

  • Tesla、682.22(-8.06%)
  • Facebook、254.69(-3.64%)
  • Apple、120.99(-3.48%)
  • Amazon、3,057(-3.24%)
  • Netflix、546.70(-1.21%)
  • Google(Alphabet)、2,031(-3.05%)
  • Microsoft、228.99(-2.37%)

金利上昇=将来利益を現在価値に変換するときの割引率が高くなるので、当然と言えば当然。ただ、落ちるならもっと落ちてくれないと、買い場とは言えない。

 

配当大好きっ子に人気のAT&TDirecTVを分社:

www.youtube.com

・AT&Tが長いあいだ待たれていたビデオ部門の分離(spin off)を発表。AT&TとTPGは、新会社DirecTVを立ち上げる。そこにはAT&Tのビデオ部門が合流。DirecTVAT&T TV、U-Verseが含まれる。

 AT&Tは新会社の評価額を$16.25Bと見積もっている。市場の見積もりは$15B。

 新会社の70%をAT&Tが所有、TPGが残りの30%を持つ。AT&Tは、この取引により、$7.8Bを受け取ると期待される。

 

そして、株価がどうなったかと言うと、-2.55%の28.63・・・。ダメじゃん。

TPGとの取引はしばらく前にリークされていたので、「噂で買って、事実で売る」なのかというとそうでもなくて、AT&T株価はコロナショックで大きく落ち込んだあと、横ばい。

AT&TDirecTVが70%残る、というのが中途半端だからな???

こちら、AT&T直近1年の株価:

f:id:alibertarian:20210226085039p:plain

AT&T 1Y as of 2020/2/25 - yahoo finance

Forward Dividend & Yieldは2.08(7.13%)。

 

チャーリー・マンガー、SPAC・Robinhood・Bitcoinをぶった切る

塾長です。

米国2/24、Daily Journal Annual Meetingにチャーリー・マンガーが登場し、様々な質問に回答していたヨ。Yahoo Financeが全体の運営を任されているみたい(なので、動画もYahoo Financeから上がってる)。

皆さんご存じの通り、チャーリー・マンガーはバフェットの同僚、Berkshire Hathawayの副会長。

Daily Journalの株主からの質問ということになっているが、質問はDaily Journalに限っていなくて、一般の投資家が聞きたいような話だったので、動画を貼っておきましょう:

www.youtube.com

 

動画全編は2時間もあるので細かく紹介できませんが、Yahoo Financeが面白いところだけ切り取って短い動画にしているので、そちらを紹介しておきましょう:

https://www.youtube.com/watch?v=yY-PtnE5PSg&ab_channel=YahooFinance

・Robinhoodでの取引は無料でない。オーダーフローをカネにしているのだから、Robiohoodは客に実際以上の課金をし、無料に見せかけているだけだ。それを無料と言うのは、非常に恥ずべき、最低な言い回しだ(very dishonorable and low-grade talk)。決してRobinhoodでの取引が無料だなどと考えるべきではない。

 

https://www.youtube.com/watch?v=NrQekWLHWno&ab_channel=YahooFinance

・私はSPACを買っていない。SPACがない方が、世界は良くなる。キチガイじみた投機だ。まだ合弁先の企業を見つけていない株を買うなんて。イライラさせるバブルのサインだ。投資銀行は糞が売れるのならば、糞でも売るのだ。

 

https://www.youtube.com/watch?v=CnieDaceiL8&ab_channel=YahooFinance

・私はGEの株を所有したことはない。企業文化が嫌いだったから。GEがダメになったとき、驚きはしなかった。今のCEOは素晴らしくデキルやつだ。取締役が彼を指名したのは素晴らしい。賞賛されるべき。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ArcIq-rE3VU&ab_channel=YahooFinance

・中国ほど、貧困から素早く抜け出した巨大な国はない。そして、今の中国の工場は、ロボットでいっぱいで、それらをうまく使いこなしている。彼らはもはや田舎の小娘を使って、アメリカの靴メーカーを打ち負かすような事はしていない。彼らはモダンな世界に素早く合流し、操業(operation)においてスキルを高めたのだ。

 

https://www.youtube.com/watch?v=maQb4zewsTI&ab_channel=YahooFinance

・温暖化を解決するのは難しい。貧しい国は石炭を燃やして生活しなければならない。解決の難しい問題だ。しかし、時間はある。カネを持っている文明は、必要であれば、出来る。もし海面が60フィート上昇すれば、それは今後100年のうちに起こるかも知れない、海に面する場所に巨大なバリアを築かなければならなくなる。

 

https://www.youtube.com/watch?v=oGawEwYA5hw&ab_channel=YahooFinance

Bitcoinオスカー・ワイルドキツネ狩りについて言った事を思い出させる。The unspeakable in persuit of the uneatable。

オスカー・ワイルドキツネ狩りを貴族がやる無意味な悪趣味として表現したかったようなので、「くだらない輩が食えないものを追っている」みたいな感じかな?)

 

 

こちらに動画が集まっているので、気になる方はどうぞ:

Business Insights - YouTube

パウエル議会証言終了、下院で経済対策通過予定からの、長期債高、株高、円安、Bitcoin下げ渋り。

塾長です。

昨日(米国2/24)の米株市場は、大幅上昇。

 S&P500、3,925(+1.14%)

 Nasdaq、13,597(+0.99%)

 Russell2000、2,284(+2.38%)

【米国市況】株上昇、FRB議長証言で-10年債利回り一時1.4%台 - Bloomberg

 

債券、為替、コモディティ

 10年債、1.3890

 ドル円、105.9000

 Bitcoin、49,409

 原油、63.38

 

一時、10年債は1.4%を付けていた。BlackRockが国債見通しを引下げ、クオンツファンドのせいらしい。勝手にやってくれ、という感じ:

勢いづくリフレ取引、ブラックロックなど国債見通し相次ぎ引き下げ - Bloomberg

クオンツファンドが債券売りを増幅-米国債のショート積み上げ - Bloomberg

 

Bitcoin、落ちませんな・・・:

ビットコイン反発、4.8万ドル台で底堅い-スクエアなど追加購入が支え - Bloomberg

 

 

経済指標:

 1月 新築住宅販売件数[年率換算]、92.3万件(予想85.8万件)

 同[前月比]、4.3%(2.1%)

米新築住宅販売、1月は予想上回る増加-3カ月ぶり高水準 - Bloomberg

 

 

財政・金融では、パウエルが下院で証言、今週金曜に下院で$1.9Tコロナ対策法案の投票が決まった様子(可決後、上院で審議)。

 

 

個別株は、Nvidia、ViacomCBS、Booking Holdings、Intuitあたりが決算。NVidiaは良かったみたいですネ。どれも保有していないので・・・。

 

 

自動車関連では、FoxconnがFiskerのEVを製造するのだとか。Fiskerは2022年にEV SUVであるOceanを発売予定。$37,400ドル~(安い!)。:

フォックスコン、EV製造でフィスカーと提携へ-年25万台超を生産へ - Bloomberg

WSJによると、工場は米国に置かれる可能性が高いらしい:

Foxconn to Build Cars for Electric-Vehicle Startup Fisker - WSJ

Fisker(FSR)の株価は+38.61%の22.58ドルへジャンプアップ。

Foxconnは、自動車を作れるのだろうか?「EV時代になれば、部品点数が大幅に減って、誰でも車を作れるようになる。水平分業が進む。」なんて言われていたけれど、今のところ実現していない。とても楽しみ・・・だが、日本メーカーにはツライところ。

(Teslaの場合は、NUMMIから自動車工場を買い、資金ショートしそうになりながら・”量産地獄”を潜り抜け、大量生産に成功したので、「死ぬほど頑張って自動車製造を習得した」と言う方が正しいと思う。「誰でも車を作れる」ようになったから実現したのではなかった。)

2月23日、自動車ニュースまとめ

塾長です。

昨日(米国2/23)も様々な自動車関連ニュースが出ていたので、列挙しておきましょう:

 

まずは、Teslaのライバルと目されているLucidの上場から:

ルーシッド、SPAC合併を通じた株式公開で合意-評価240億ドル - Bloomberg

そのLucid MotorsのCEO、ピーター・ローリンソンのインタビュー。後半はジム・クレイマーが出てきて、いつものインタビュー相手の宣伝を聞くモードに入っていて、ちょっとどうなのよ???という感じですが:

www.youtube.com

ー市場価値は$60B以上になりそうだが、それをデリバーする自信はあるか?

・Lucidはテック企業だ。今年、世界最高のテクノロジーを米国市場の届ける。バリュエーションは、我々のテクノロジーを反映したもの。それは、Churchill Capitalのデューデリの過程で正当性を立証され、裏書された。彼らは、Lucidの製品や、彼らが見たもの全てに感銘を受けた。我々がやらなければいけないのは、謙虚に、勤勉に、製品化を実行。それが真の価値を生み出す。

ーあなたは、EBITDA $2.885Bを2026年までに達成すると言っている。5年後だ。どうやって、その目標を達成するのか?

・野心的だが、実現可能な計画を持っている。我々は実行力があると示してきた。我々の工場をみて欲しい。北米において、未開地にEV工場を記録的な速さで作った。私のチームは、consumer professionalsであり、提供能力がある。これから数か月、一番大切なのは、最初の製品を製品化することだ。それがリトマス試験紙となる。

ーテクノロジー企業だというのは分かった。37ページ目にある負債について、誰もが知っておくべきだと思うが。充電速度が差別化になるのか?

・まったくその通り。300マイル走行のための充電に約20分。Electrify Americaとパートナーを組み、超高電圧充電、900Vを提供する。次世代の技術だ。我々のWonderbox boost chargerだ。それだけでない。両方向の充電ができる。車からグリッド、すなわち家に電気を提供できる。

ー32個のセンサーが付いている。最も安全な車と言えるか?

・我々が知る限り、最も完璧に、美的にセンサーを、自動運転、ADASのために統合している。14個のカメラ、32個のセンサー。長距離を広く知覚するLiDARと、120度の短距離LiDAR。

 

そして、なぜかChurchill Capital IV(Lucidを合併したSPAC)の株価は大幅下落。あれれ?

f:id:alibertarian:20210224094457p:plain

Churchill Capital IV 1M, as of 2021/2/24

 

 

 

こちら、直前のblog postで触れたもの。Tesla株が下落中。:

テスラ株が4営業日続落、年初からの上昇を帳消し - Bloomberg

直近6か月の株価:

f:id:alibertarian:20210224093758p:plain

Tesla 6M, as of 2021/2/23

 

 

お次は、USPS(米国の郵便屋さん)が、次世代配送車にWorkhorseではなく、Oshkoshを選んだそうだ。おかげでWorkhorseの株が暴落。

昨日だけで-47.46%の16.47ドル。時間外でさらに-8.29%。

それを伝えるBloombergの記事:

EV Maker Workhorse Plummets as Oshkosh Wins Postal Contract

同、Reutersの記事:

Oshkosh Defense to build next-generation U.S. Postal delivery vehicles

The contract, which could be worth more than $6 billion in total, allows for delivery of between 50,000 to 165,000 of the vehicles over 10 years that will be a mix of internal combustion-powered and battery-electric vehicles. Oshkosh had teamed up with Ford Motor Co on its proposal based on a Transit van.

10年間で、$6B(≒6千億円)以上の契約ですか。

内燃機関と電動車の両方、というのがOshkoshを選定した理由でしょうか?Workhorseは電動車専業なので(ですよね?)。

Oshkosh軍用車両で有名。飛行機なども作っている。逆に、EVなんて作れるの?という印象。1年くらい経ったあと「やっぱり出来ませんでした」となったりして・・・。

Oshkosh軍用車両の参考映像(左側):

www.youtube.com

 

 

 

〆はこちらで:

タイガー・ウッズが自動車横転事故、車両大破-足の負傷で手術 - Bloomberg

今朝起きたら、ABCがライブで事故現場を中継していてビックリ。