塾長の資産運用

アメリカ帰りの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【スコット・ガトリ】治療薬は夏までに。

塾長です。

 

FDAアメリカ食品医薬局)局長、スコット・ガトリのインタビューがあったヨ:

www.youtube.com

・4月は厳しい月になる。その後、感染は下がってくる。

 今後、大都市で連続した感染爆発が起こる。

・いくつかのモデルがある。最も楽観的なのは、4月中旬にピーク。

 4月末、5月初旬というのが、妥当なモデル。ベースモデル。

・4月は厳しい月になる。医療現場を支えることに集中。

 5月には減少に持っていける。

 夏までに治療薬が見つかるだろう。

 大規模なスクリーニングプロセスを施行し、感染爆発を止められる。

・convalescent plasma(回復期患者のプラズマ療法???)に効果があるとの実験結果がある。

 それはH1N1やスペイン風邪にも使われた。

 まだ5人にか適用されていないが、結果は劇的。

 リジェネロンの薬が効くかもしれない。

 他の製薬会社も治療薬開発をしている。

 ギリアドなど。

 このウィルスに効く薬を開発するのは難しくないはずだ。

 ウィルスの複製(増幅かな?)は簡単。

 治療薬はすぐに見つかると思っている。

 

 

 

この人、結構固いし、科学者だから安請け合いはしない。単なる希望で「もうすぐ」「夏までに」なんて言わないタイプ。

そうすると、来週、再来週にかけて、この手のニュースがいくつか出てくるのでは?「どこどこ大学病院の治験で患者3人回復」みたいな。

その一方で「あの大都市で死者100人」「レストランが1000件倒産」と言った悪いニュースが出る。PMIなんかも最悪値が出る。

株式市場は、そんな良いニュース・悪いニュースを消化しながら、底値を切り上げる動きになると予想・・・、いや、期待したい!

【ジョシュ】株は底を付けてない【スティーブン】そろそろ良いんじゃないか?

塾長です。

レオン・クーパーマンが(ある条件のもとで)株価底打ちを宣言した。

CNBCの常連ジョシュ・ブラウン、スティーブン・ワイスはどう考えているだろう?:

www.youtube.com

ジョシュ

・ウィルスが頂点をつけるまで、底打ちとは言えない。

・イタリア、NYのように、感染の速度が下がる、減速するまで、ここが底、あとは上がるだけ、とは言えない。

・最終的に、この考えは間違いとなるかも知れない。

・今朝、NY州で7377新規患者が報告された。株には良くない。

・債券市場に流動性が戻った。少なくともETFには。

 10日間最安値の株はゼロ。1.5週間前は、95[%かな?]だった。

 この3日間の記録的な戻りがあっても、S&P500の中で、2.8%しか50日を上回っていない。

・高β株は今日打ちのめされた。

 そのETFであるSPHPは5%下落。

 一方、S&P low volatility SPLVは1.4%しか下がっていない。

 危機銘柄であるZoom、Slack、Teladocは上昇している。

・まだ感染者数は増えている。

 この状態で、ダウは20,000を下回らないとは言えない。

 

ティーブン

・ジョシュの言う事は正しいかも知れないが、底を言い当てる事もできなければ、頂点を言い当てる事もできない。

・キャッシュを大量に持っているならば、自分が買っても安心できると思える点を取るべきだ。

・今週月曜の株価低下を見て、リスクを計算。

 もしかしたら、さらに数%下げるかも知れないが、この値段は売られ過ぎだと思った。

 ディスカウントは、イベントが起こる前に起こる。そのイベントは、患者数、死者数のピークであったりするわけだ。

 このディスカウントの機構が動作したかどうかは分からないが、私は安心できる会社の株を買った。まだ全力投入していない。

・投資は、リスクを取ったものが報酬を得る。

 リスクを計算しろ。完全に間違いない、なんて事はない。

 株価は30%下落した。35%になるかも知れない。40%だってあり得る。

 リスクは、株価が急騰すること。

 今日(3/27金)が、今週の中で最も理性的な日だった。その前の3日間の上昇を利確。

 大きな変動は、人を不安にさせる。

 しかし、いつの時点か、金を働かせなければならない。

 

 

 

まずは資金管理だネ。

現金比率が高いなら、株、ETF投資信託を買い始めても良いでしょう。

 

ちなみに、塾長は、今週日本のREITを買い増したヨ。

オリンピックが1年延期→1年後には価格(と分配金)が戻ると思ったから。

ホテル倒産→REIT解散の可能性はあるが、そのリスク許容度はあるので。

 

【レオン・クーパーマン】株は底を付けた。

塾長です。

3/2に続き、Omega Family Office Chairman & CEOレオン・クーパーマンの解説だヨ:

 

www.youtube.com

・これは、私が経験した8番目の弱気市場が誘発したリセッション。

 過去と違うのは、財政危機、石油価格崩壊、コロナによる経済停止の組合せだという点。

 これが起こった時、株式市場は高騰していた。

・過去から学べるのは、

 平均的な弱気相場は25%下落。今回は35%。大きく違うわけではない。

 下落は1年続く。

 GDPは2%下落。

 企業利益は15~20%下落。

 市場が底を打つのは、リセッションが終わる3か月前。ここが重要。

・私は楽観的に見ていて、[S&P500]直近安値2187が底だったと思う。

 もし経済停止が4月以降も続き、第3四半期にかかるとすれば、それほど楽観的にはなれない。

・私のウィルスに対する見立てはこうだ。

 世界中の政府、企業、個別の科学者がある問題にとりかかったら、解決策は、多くの人が考えるよりも早く見つかる。

 根拠のない予測だが、[なんらかの解決策が見つかるのは]6月だ。

・人の命はとても重要。しかし、経済への影響の方が大きいと言って良いだろう。

 2018-2019年のインフルエンザ・シーズンでは、患者数35.5M、死者34,200人。

 2017-18年は、患者数45M、死者61,000人。

 2016-17年は、29M、38,000人。

 今米国では懸念要素が爆発している。

 昨日午後の数字では、コロナの米国患者数82,000、死者1290人。

 悲劇ではあるが、インフルエンザに比べて極めて小さい数である。

 

 

普通にこういう事を言ってしまうと、insensitiveだと怒られる。

トランプも同じような事を言って、民主党勢力に攻撃されていた。

株価は、途中で感情や悪者によって大きく振られるけれど、最終的には数字が全て。

だいたい、こんな感じ(4月中に経済活動再開なら、株価は直近最安値を割らない)に見ておけば良いと思いますワ。

 

あとはどれだけ早く回復できるか。

4月に経済活動再開と言っても、その時点ではまだ大規模集会禁止とか言っている可能性も高い。外食、旅行需要もなかなか完全には戻らない。

そうなると、治療薬が見つかるかどうか、ですナ。

製薬会社、頑張って!

【ジョセフ・デナルディ】航空需要は来年中頃まで正常に戻らない。

塾長です。

Stifelジョセフ・デナルディのインタビューだヨ:

www.youtube.com

・今後2か月は需要が少ししかない。いや、無いと言って良いだろう。

 夏の終わりに、回復し始める。

 通常に戻るのは、来年(2021年)、中頃か後半になる。

・航空会社はキャッシュ温存のため、減便する。年末にかけて。

 それが需要に影響する。

・政府の財政支援がどれだけ必要かは、航空会社によって異なる。

 数か月で元に戻るなら、ほとんどの航空会社に支援は不要。

 12か月続くなら、どの会社もなんらかの支援が必要になる。

 政府が、どれくらいの労働者を保護したいかにも依存する。

・今航空会社に投資するのは難しい。需要が近い将来戻ると考えるなら別だが。

 

 

ら、来年、中頃ですか?1年以上先ですよ?

人間は悪い事、つらい事、すぐに忘れると思うヨ。この場合は、気が緩むと言った方が正しいかも知れない。

夏にコロナ収束→年末には回復、くらいでいかがでしょう?

【危険】売って儲けたのはコイツ【Watch Out】

塾長です。

 

ビル・アックマンはアクティビスト型ヘッジファンドを運営する大金持ち。

彼が3/17、18、「30日アメリカの経済活動を停止させ、国境を閉じろ」と言って世間を騒がせ、口先で株価下落を主導していたのはご存じ?

それをそのまま紹介すると、彼の思うツボだから、しなかったけど、結局それで$2.6B儲けたんだってサ。

 

Bloomberg(日本語)の記事はこちら:

www.bloomberg.co.jp

 

New York Postの記事はこちら(英語だけど、もっと詳しい):

nypost.com

 

これを、ある企業に対して行うと、株価操作(「風説の流布」)で捕まる。

でも今回は「アメリカがコロナでヤバイ」と言っただけだから、罪に問われない。

それを分かってやっている。

 

株の暴落は、こういう奴が主導して、大儲けしているのだ。

アックマンのインタビューをTV、Internetに流したのはCNBC。

こいつらもグル。

 

こんな奴らの養分にはならないゾ。絶対に。

【ディック・ウィール】パニックには遅すぎる、飛びつくには早すぎる。

塾長です。

米株市場は3連騰。

底を付けたのかな?もう買っていいの?迷っちゃうよネ。

Janus Henderson CEOディック・ウィールのインタビューだヨ:

www.youtube.com

・Janus Hendersonからのアドバイスは、パニックには遅すぎる。

 もう30%下落し、すこし戻して、今は[最高値から]20%くらい。

 パニック売りには遅い。

 しかし、買いに走るのは早すぎる。

 この悪い状態がどれくらい続くか分からないから。それは株と債券に大きな影響を及ぼす。

 期間が分からないので、計算する事もできないし、想像するのも難しい。

・今クライアントに薦めているのは、少し質の良いものを買い、キャッシュを慎重に積み上げている。流動性に問題があるので。

 ただ、ほとんどは見守っている。

 この世界的な心臓停止がいつまで続くのか見極めたい。

 分かった時点で買いに入り、次の10年に向けてリターンを作りたい。

 最終的には、買いの機会になるはず。まだ自信が持てない。

・多分、慎重にキャッシュを積み上げるのが正しいだろう。質の良いポートフォリオを持って。

 バランスシートが強くない会社は避ける。悪い時期が続けば、事業継続できなくなる。

 今はキャッシュを積み上げて、時期を待つ。

・コロナの前は、世界の一般投資家が米国株式市場に入ってきていた。

 それがコロナで反転。彼らが売ったのだろう。

 我々の客は、大幅には売っていない。一般投資家、機関投資家ともに。

 我々にも誰が売っているのか分からない。

 

 

分からないわけがないだろ・・・。

2018年クリスマス暴落の再現だ。

ヘッジファンドが売って売って売りまくり、その後、買って買って買いまくる。一般投資家のオプションやパニック売りが養分になった。

あの時は利上げがきっかけで、企業のバランスシートは傷んでいなかったから、全戻ししたけれど、今回はそうは行かないかも。

無限QEが走っているので、S&P500 3,000まではすぐに戻る可能性もある。

2018年クリスマスと違って、まだまだ悪材料はありそうなので、もう一度大暴落を作ってくる可能性もある。

 

一般投資家はちびちび現物を買って行くのが一番。

まさに3日前(3/24)と、昨日(3/26)がそうだったように、上げるのも速いから、”最適な買い時”を待っていたら、買いそびれるヨ。

【新型肺炎】米国の個人支給が緩い!

塾長です。

米国は$2Tの経済対策を打つ、その一部が個人への直接給付。

大人$1000、子供$500と言われてきたのだけれど、年収条件(上限)が分かっていなかった。

CNNのレポート:

www.youtube.com

こちら、単身者向け:

f:id:alibertarian:20200327074051p:plain

Stimulus Checks: Single - CNN

なんと、年収約820万円($75,000)あっても、満額約13万円($1,200)もらえるのダ。

年収約1,000万円($90,000)でも、約5万円。

 

これが結婚している家庭:

f:id:alibertarian:20200327073951p:plain

Stimulus Checks: Married - CNN

二人の年収合計が約1,650万円($150,000)で約26万円。

年収が2000万円でももらえちゃう。

 

さらに、子供一人当たり約5万5千円($500)、但し年収に従い削減アリ。

 

 

 

さて、日本はどうでしょう?

現金給付は所得減少世帯に 経済対策、GDPの1割 :日本経済新聞

「所得減世帯」に20~30万円となっている。

現金だけでなく、旅行券、和牛商品券との組合せが議論されている。

年収上限は明らかになっていない。

 

勝手な予想では、

・失業、雇い止めにあった人を対象に20万円。

・その他の個人に商品券1.5万円分。

・年収上限500万円。

くらいではなかろうか。

 

日本の方が低所得者に手厚い施策になりそうだ。

ある意味、高所得者(資産の多寡ではない)に向けた増税

これでは、働く気がおきないヨ。