塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

NIKEがイイ。

塾長です。

昨日(米国9/22)の米株市場は反転して上昇。

 S&P500、3,315(+1.05%)

 Nasdaq、10,963(+1.71%)

【米国市況】株が反発、押し目買い優勢-ドル指数1カ月ぶり高値 - Bloomberg

Google、MSなどが2%を超える上昇。

一息ついた。ふー。

 

指標は・・・、

 8月 中古住宅販売件数[年率換算件数]、600万件(予想600万件)

 同[前月比]、2.4%(予想2.4%)

 9月 リッチモンド連銀製造業指数、21(予想12)

米中古住宅販売、8月は06年以来の高水準-価格中央値は過去最高 - Bloomberg

アメリカは、まだ、土地神話?持ち家神話が生きているから、良いねー。

 

債券と為替は・・・、

 10年債、0.6640

 ドル円、104.988

若干、円高に歯止めがかかった感じ。こちらも一息。

 

政治では、ムニューチンとパウウェルが議会証言。

パウエルFRB議長、米経済回復は長い道のり-追加支援の必要性指摘 - Bloomberg

個人的には、特に注目点は無し。既にボールは議会側にあり、次の経済刺激策が出るかどうかがポイント。

 

 

個別ではNIKE。昨日の取引終了後、NIKEが6~8月期の業績発表。ポジティブ・サプライズ。

www.cnbc.com

・EPS、95セント(予想47セント)

・Revenue、$10.59B(予想9.15B)

その中身がイイ:

 デジタル売上(WEB販売)が82%上昇。

 女性向けアパレルが200%上昇。

2021年見通しを、前年比一桁台~2桁の下の方(low double digits)の増加と予想。

 

NIKEのようなビジネスが出来る企業はなかなかないネ。

一般にアパレルの難しさは、

・不良在庫になりやすい(型落ち、流行遅れになる→セール→販売価格低下→ブランド価値低下のスパイラル)

・流行を読むのが難しい、当たり外れが激しい

・通販に向かない(特に靴は試着してから買う)

という辺りだと思う。彼らはそれらをNIKEというブランドで解消。

しかし、最後の通販の問題点は、NIKE単独では解決が難しかったと思う。それをコロナの力を借りて達成(と言っていいのかな?)。

それによって、(良い)特性である:

・製造コストが安い。

・世界中でまったく同じ商品が、大量に売れる。

を最大限に伸ばし、享受できる。

他にNIKEのような商売ができる、できそうな所はあるだろうか???

などと、無い頭を捻っていると、「そんな無駄な事してないで、NIKEを買え」とジム・クレイマーに怒られそう。