塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

米国5/14、株式市場反発。底は固い。

塾長です。

昨日の米国株(米国5/14)は底堅く反発。

先週の新規失業保険申請件数は298.1万件(予想250万件)。

同、失業保険継続受給者数は2283.3万人(予想2510.0万人)。

こういう状況なので、不正受給者がたくさんいそうですが、想定内といったところでしょうか。

 

昨日、Wells Fargoは危ないヨと言っていたところ、昨日は上昇。

Goldmanが買収するかも?との噂。

CNBCの常連達は、みんな「ありえない」という反応。

規制当局が許さない、Wells Fargoは危なくて手が出せないだろう、など。

www.youtube.com

 

一番株式市場に影響しそうなのは、トランプの対中政策かな。

Foxで1時間のインタビュー。

www.youtube.com

Bloombergが日本語で伝えてくれている:

www.bloomberg.co.jp

特に目新しい情報は無い。

対中政策としては、サプライチェーンを米国に取り戻すくらいしか手立てがない。

インタビュアーが何度も「どうやってサプライチェーンを米国に戻すのか?インセンティブがあるのか?」と問うていたが、答えはゴニョゴニョ。

「海外で製造している企業に税金をかけられる」とは言った。関税の事だろう。新しくない。

F-35の機体をトルコで作っているのは、馬鹿らしいとは言った。

安全保障に関わる分野に関しては、法整備が進みそうではある。医薬品を含む。

オモチャや、スニーカーはというと、難しそう。関税はかけられるけれど。

米国市場に上場している中国企業米国会計基準を守って・公開させるのも、「そうしたらロンドンに行くだろう」。

中国人留学生についても、コメントしなかった。

 

方向感がつかめませんナ。