塾長の資産運用

アメリカ帰りの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

2020年末、S&P500は3,400へ。

塾長です。

昨日(米国6/30)の米国株式市場は力強く上昇。

 S&P500、3,100(+1.54%)、

 Nasdaq、10,058(+1.87%)。

良い形で6月、2020年前半を終えられたのではないでしょうか。

 

個別株では、

Teslaが+6.98%の1,079。Market Capが$200B超。バブルっぽい。

テスラ時価総額、エクソン抜く-エネルギーの主役交代象徴する動きか - Bloomberg

Facebookが大きく戻し、227.07(+2.91%)。しかし、広告を引き上げているブランドは増加中。実は、コロナで売上げが減り、広告費を減らしたいだけだったりして。

マイクロソフト、FBとインスタグラムへの広告支出を停止-関係者 - Bloomberg

 

VIXが30.43に下落。約1か月ぶりの20台復帰なるか?というところ。

 

ドル円は107円台後半。108円直前。なぜ円安?

FXはさっぱり分からない。

 

JPMorgan Global Head, Strategy マルコ・コラノビックは超強気:

www.youtube.com

・市場では色々な事が起こっている。

 まずは経済刺激策。

 コロナ第二波が来ても死亡率は減少するだろう。

・2020年末、S&P500のターゲットは3,400.

 ワクチンが出来るのを条件にしていない。

 金融緩和、経済刺激策、経済の一部再開を織り込んだ結果。

・ワクチンができたら、もっと上がる。

・ポジショニングが別の要素だ。

 株のポジションが非常に低い。

 裁量取引のヘッジファンドは25%程度。クワンツなどはもっと低い。

 その金が株に流れ込む。コロナと独立した上昇要因だ。

・シグナルはポジティブ。200日移動平均線の上。

 但しボラタリティーが高い。これが治まれば、株は上がる。

 VIXが20台半ばになるとする、夏の終わりまでに20の前半だとすると、数百ビリオンドルが株に流入する。

・急増した個人投資家の影響は少しだけ織り込んでいる。

 彼らの資産はそれほど大きくなくても、影響はより大きい。

 家で暇になって、株を買っている。その金は株に留まるだろう。

 

 

S&Pが年末に3,400ですか。今から約+10%。イイね!

(全然信じていませんが)