塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

ジェフ・ベゾス、前澤より先に宇宙に行く【21年7月20日】

塾長です。

昨日(米国6/7)の米株市場はヨコ。

 S&P500、4,226(-0.08%)

 Nasdaq、13,881(+0.49%)

【米国市況】S&P500反落、インフレ懸念や法人税制への警戒で - Bloomberg

 

 

債券、為替、コモ:

 10年債、1.5690

 ドル円、109.2640

 Bitcoin、34,151

 

109円台というのは、全然円安の気がしませんが?

年後半も円は最弱通貨か、テーマはワクチンから金融政策正常化へ - Bloomberg

 

この動き、面白いなー。Bitcoinの取引したくないけれど(税金やボラが高いので)、株ならOKという人は、MicroStrategy株を買ってみては?:

マイクロストラテジー、社債4億ドル発行へ-ビットコイン買い増しで - Bloomberg

 

 

重要経済指標の発表はナシ。

 

 

財政:

アマゾンも対象の方向、大企業に対する国際課税合意-関係者 - Bloomberg

現在検討中の課税ルールでは、多額の投資と利幅の薄い小売り事業で利益率が圧迫されているアマゾン全体ではなく、より収益性の高い同社クラウドコンピューティング事業を狙った個別事業対象の基準値を設ける案が含まれる可能性がある。

 

バイデン大統領の法人税案、議会説得一段と困難に-G7枠組み合意で - Bloomberg

G7財務相は「少なくとも15%」の国際最低法人税率を目指すことで合意したが、バイデン大統領が米企業の海外利益への税率として提案している21%とずれがある。このままなら米企業が一部の国・地域で上げた利益について実質的に付加税を収めることになりかねない。

 

 

個別株はAmazon

CEO ジェフ・ベゾスが7月20日、Blue Originで宇宙に行くらしい。

こちら、ベゾス自身による発表。Instagram

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Jeff Bezos (@jeffbezos)

www.instagram.com

 

CNBCの報道:

www.youtube.com

今日ジェフ・ベゾスが、来月Blue Originの最初の有人飛行にて宇宙に行くと発表。ベゾスがAmazon CEOを退いたのち、数週間後のことだ。その宇宙旅行に対する信頼が、Virgin Galacticの株価を押し上げた。

(その後の解説?漫才?は省略)

 

 

前澤友作が宇宙に行くのは、今年12月。せっかく早めに発表したのに、先を越されちゃった・・・、なーんて比較すると怒られるネ。

Bezosの場合、自社(Blue Origin)のロケットで行くのだから、これが成功したら、客がたくさんやってくる・自分のビジネスを成功に導ける。逆に、Bezosがロケットに乗らなければ、「Blue Originって本当に安全なの?だって、おたくの創業者は怖くて乗れないんでしょ?」って言われチャウ。もしBezosが行かなければ、Virgin GalacticのRichard Bransonに先を越されてしまう。そうなれば、大打撃。

 

Blue Originは未公開企業なので、株は買えません。残念。