塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

現物原油価格はマイナス。備蓄倉庫が溢れそう。

塾長です。

為替も分からないけれど、原油市場はもっと分からない。

Energy Aspectsアムリタ・センが石油市場の現状と、見通しを教えてくれた!

www.youtube.com

・需要の減少はすさまじい。

 16ミリオン・バレルの減少。4月は20ミリオン減少してもおかしくない。

原油市場を動かしているのは、経済の停止。

 サウジとロシアの石油価格戦争が語られるが、それは大洋の一滴でしかない。

 需要が戻らない限り、貯蔵庫が溢れるリスクが高まる。歴史上、貯蔵庫が溢れた事は一度もない。

WTIが$20を切り、ブレントが$22近辺で取引されていても、現物市場では、とんでもないく安く原油が取引されている。

 北海産ブレント原油現物は$3以下。

 カナダ、米国の一部は一桁。

 生産停止すべきだが、それには時間がかかる。

 なので、そこでは、現物を引き取ってもらうために、買い手に金を払っている。マイナス価格がついている。

・ジェット燃料とガソリンは最も悪い影響を受けた製品。

 米国の一部では1ドル以下になる可能性がある(今は2ドル)。

 しかし誰も車を運転しないし、飛行機にも乗らないので、得をする人がいない。

 石油精製業者は、とてつもないプレッシャーを受けている。

 普通だったら、値段が下がると精製業者には得となる。今回は需要減という、かつてない事態。

・政府による活動停止要請が解けて需要が戻らない限り、この状態は改善されない。

 

 

石油市場には興味が無いけれど、米国の石油関連企業や社債市場(のクラッシュ)には興味がある。

共和党政権なので、その後援者である米国石油関連企業を潰したりはしないと思うが、変な手を使ってくるのが怖い。

計画倒産させて借金帳消しを狙う、みたいな。