塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【ロバート・カプラン】失業率は13~16%まで上昇する【ダラス連銀総裁】

塾長です。

米国はイイなー。

連銀総裁がテレビで経済見通しを語ってくれるなんて。

ダラス連銀総裁ロバート・カプランのインタビューだヨ

www.youtube.com

・ロシア、サウジの減産は助けになる。

 サプライが多すぎて、貯蔵庫の空きを心配していた。

 まだ生産過剰でなんとかしなければならない。

・第2四半期は大きく景気減退がある。第3四半期の初めもマイナスかも知れない。そして、リバウンド。

 問題は、どれくらい強くリバウンドできるかだ。

 どうして心配しているかというと、[コロナ前から]企業投資は低調だった、製造業も低調だった、唯一明るかったのは個人消費

 当然コロナで消費は弱まる。

 失業率は13~16%(low to mid teens)くらいになる。

 年末には、10%を切る。多分8%に近いくらい。

 その時、消費者は、当然だが、慎重になっているかも知れない。

 そこが心配だ。

・Main Street Lending Programは重要。FEDは首が折れるくらいの速度で動いている。小企業には助けが必要。

 我々は出来る限り雇用や小企業を守りたい。

・地方の話をすると、我々は既に地方のコマーシャルペーパーを買い始めた。

 地方政府に助けが必要なのは明らか。彼らは毎年収支のバランスをとらなければならない。税収が減っている。

・投資適格の企業債券も買い始めている。

・米国の労働者は約160M。

 先ほど言ったように、失業率は13~16%になるだろう。

 そこに至るスピードは分からない。

 新規失業保険申請件数が3M、6Mという数字は、そこに当てはまっている。

 

 

ここ2週間で10M程度が失業している。

160Mの13~16%ということは、最終的に約21~26M人が失業するって事。

既に多数の大都市で移動が制限されているので、だいたい想定内だと。

どーかなー。今は持ちこたえている大企業が人を切りだすと、上振れしそう。

旅行産業や自動車産業の正社員とか。

そんなニュースが流れてきたら、一段の株価下落があるって事だ。