塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

コロナによる、テック企業勝ち組、負け組。【ジーン・マンスター】

塾長です。

本来の企業業績とは全然関係なく株価が動くので、真面目にやる気がなくなりますが・・・、Loup Ventrues ジーン・マンスターが、コロナで影響を受けるテック企業を分類、分析していたヨ:

www.youtube.com

・テック企業は、コロナの恩恵を受けている。

 我々はそれを2つのグループに分類。

・一つ目は、明らかな恩恵を受けているグループ。Zoom、Peloton、Amazonなどだ。

 これらは永続的に恩恵を受ける。

 但し、これらの株は既に高い。

・2番目のグループは、持続的優位性を持つもの。

 これらの株は、完全に評価されているとは言えない。

 例えばアップル。彼らは、コロナ影響よりも長い戦略を持っている。

 私が持っている株にZillow(不動産テック企業)がある。

 在宅勤務株は既に買われている。その後の不動産はどうなるか?

 人々は住み替えを考えるだろう。大都市から、より人口の少ない都市へ。

 アーバンから郊外へ。Zillowはその動きから恩恵を受ける。

 我々はこのように勝者が誰かを考える。

・敗者はNetflixFacebookだろう。

 Netflixは今後数年はうまくやれる。成長し続けられるかが問題だ。

 在宅勤務の波が引いた後は、サービスを解約する人も出てくるだろう。

 

 

 

トレーダーはPeloton、Zoomを買えば良いと思います。

CiscoはZoomを買わないのかしら?独占禁止法で阻止されるかな。

Ciscoが駄目なら、IBMか・・・。

資産運用の人は手出し無用。

 

Appleは、長期的に危ないと思っていたけれど、最近考えを変え始めたヨ。

米中摩擦で、中国勢の勢いが削がれたのが、理由の一つ。

もう一つの理由は、マイクロソフトGoogleが、もっと良いハードを出せると思ったけど、実際は出来ていない事。

5年、10年かけて出来ないのだから、これからも出来ないだろう、と。

Surface、Pixelはリファレンスの域を出ていない。

Surface Pro Xなんて全然話題にならない。

MRのうまい使い方を提案できていない。

スマートウォッチもない(MSは止めた)。

AmazonがEchoの指輪版を作る時代にですよ?

www.amazon.com

MS、Google、もっとガンバレ!