塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【ジョシュ・ブラウン】株が最高値を更新しないのは普通のこと。

塾長です。

昨日(米国6/18)の米株市場は、失業保険申請件数が予想よりも多く、下げて始まった。

・前週分 新規失業保険申請件数、150.8万件(予想130.0万件)、

・前週分 失業保険継続受給者数、2054.4万件(予想2092.9万人)。

※Yahoo Financeより。

最近、予想は大きく外れるので、あまり気にしなくて良い。

その前の週より減っている事が重要。

 

その後、急回復して横に動きながら、Nasdaqの強さが目立った形でフィニッシュ。

ここ1、2か月続いている流れ。

S&P500、3,115(+0.06%)、

Nasdaq、9,943(+0.33%)。

 

Ritholtz Wealth Mgmt CEO ジョシュ・ブラウンの話を聞いてみよう:

www.youtube.com

・株はいくつかのグループに分かれている。

 航空、小売りなど、我々がよく口にしている株。

 これらは上昇する日、下降する日の繰り返し。

 そして巨大株。これは恐れを知らない。

 興味深いのは、FAANGだけに留まらない事だ。

 コロナが広まろうとも関係なく上がる。

 多くのトレーダーがここに注目している。

 Spotifyは直近2日間で19%上昇。

 Paypal、最高値更新。Squareも上昇。

 E-Commerceの活動が活発だ。彼らは「コインが足りない」と言っている。

 いかに物理的なカネが使われていないか、という事だ。

 [オンラインでの]支払いに関する株は、息つく間もなく上昇している。

 Slack、Zoom、も上昇。

 2つの株式市場があるような感じだ。

・株価は4~10%最高値から低いところにいる。

 多くの人は、普通じゃないと感じている。

 しかし、これは普通の事だ。

 1950年以来、56%の期間は”no man's land”にいた。

 これを覚えておくと良い。

 

 

ホントに、株式市場にはもう少し落ち着いて頂きタイ。

巨大テックの上昇には恩恵を受けているが、いつ暴落するかと、ヒヤヒヤする。

一方、発電事業者の株が冴えないのは、いかがなものか。

今のうちに仕込んでおきたいが、手元にドルがない。