塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【米大統領選挙】12月19日民主党候補者討論

塾長です。

昨日は民主党候補者のテレビ討論。いやー、ツマラん。この中で誰かトランプに勝てそうな人いる?こいつだったら俺の生活を良くしてくれるんじゃないか?って人。

www.youtube.com

一応レーストップを走っていると言われているのがジョー・バイデン。古~いタイプの政治屋。信念はない。風見鶏。特に残念だったのが対中国についての応答。4:07の所から。「中国に、人権侵害、東シナ海の要塞化はここまでだと言う必要がある」だって。いやいや、ここまでならやっていいの?ダメでしょ。

次がバーニーとウォーレン。民主社会主義。この二人、バイデンと同じく古株なんだけど、言っていることが変わらないのはすごい。一部若い人の票は取れるだろうが、アメリカにsocializmはまだ早い。

ちょっと注目されているのが、インディアナ州で小さな市の市長やってるピート・ブティジェッジ。度胸は買うが、とっちゃん坊屋的な外見でダメ。今回落ちても、州知事上院議員を経験して、次回、次々回の大統領選で活躍してクレ。

他は泡沫。

 

一番盛り上がったのは医療改革。10:30から。バイデンがオバマケア(ちょっと違うけど皆保険制度)導入を誇ったので、バーニーが「平均労働者、家計収入$60,000の中から、医療費に$12,000も払ってんだぞ。その金は保険会社、医薬品会社に行ってんだ」と攻撃。彼の本領発揮。

アメリカの医療、医療保険は、どうやっても解決できないよ。日本の年金問題と一緒。誰かが損して、誰かが得する形になっちゃって、民主的に意見はまとまらない。残念だけど。塾長はVHT持ってるヨ。医療は専門外だから、ETF

 

正直、一番面白かったのは質問者が引用したオバマ元大統領のコメント(と、それに対する会場の反応)。5:02から。曰く「今の世の中の課題をみよ。たいていは老人の問題だ。それも男性。(若者に)道を譲らない男性だ。」

塾長はジジーだけど、同感だネ。オバマは誰を支持するか表明していないけど、バイデン、バーニーじゃないのは確実。

 

そんな感じで大統領選に波乱はなさそう。だから2020年はVOO買っておけばイイんじゃない?

なーんて、皆が油断した時が実はアブナイ。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村