塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【タイヤ業界の闇】資本主義の行きつく先

塾長です。

DW(ドイツの公共放送)のドキュメンタリー。タイヤ業界の問題点を告発:

www.youtube.com

・タイヤの多くがタイで作られている。森を切り開いて、ゴムプランテーション開発。カンボジア人が働いている。労働環境は酷い。欧州で禁止されている農薬使用。

・液体状のゴムを板状に成形する処理場を取材。ここではタイ人が働いていた。最低賃金以下で労働。働いているのは”雇われ人”ではなく、利益をシェアするパートナーだから。ゴムが高く売れたら、たくさんもらえる。安くしかうれなかったら、もらえない。

カンボジアのゴム処理場も取材。工員は家族で住み込み、住居費・電気無料、$150~$250(繁忙期)+米20Kg。週7日勤務。6AM~10PM。

・コンチネンタル、ブリヂストンミシュラングッドイヤーは取材を拒否。彼らはサプライチェーン全体を通して労働環境が整備されているか監視する責任があるのに。

・ドイツではタイヤを再利用(タイヤ表面の張替え)をせず、セメントに混ぜて処理したり、燃やしてしまってる。

 

投資家は、発展途上国の労働者から搾取している企業の株なんて買わない!とするのか、裏をかいてうまくやっている企業/儲かっている企業の株を買うのか、どっちがイイのかね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村