塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【アメリカ政治】なんで投票日が火曜なの?

塾長です。

アメリカの投票日が火曜だって知ってマシタ?その理由もご存じ?CNBCによると・・・:

www.youtube.com

アメリカの投票率は高くない。(休日でない)火曜日が投票日なのが、その一つの理由と考える向きもある。

・火曜になったのは、18世紀、日曜は教会、月曜日に投票所まで出かけ、火曜日投票、水曜日に戻ってくる、という日程が最も良いとされたから。

・現代では、火曜日は平日なので投票しに行きにくい。自身の予定を思い通りにしやすい職業;弁護士、重役、教育者の投票率は高く、思い通りにならないレストラン、小売りのサービス業従事者の投票率が低くなる、という調査結果もある。

・自分の予定を自由にできない人→低所得者層は、働きに行く前、働いた後に投票所に行くため、その時間は長時間待たされる。

・休日に投票日を移す案も議論されるが、それはそれで課題あり。低所得者層は休日も働いている。休日だと投票所で働く人を見つけにくいー平日であれば公務員や学生を動員できるし、ボランティアが集まりやすい。投票所が教会、スクールに設置されているので、休日はそれらのイベントと被ってしまう。

・近年は投票率が上がっており、火曜日のままでも良いじゃないか、という意見もある。

アメリカでは登録した人のみに投票権がある[日本を含む諸外国のように、一定年齢であれば誰でも投票できるわけではない]。

・30以上の州では、事前投票、郵送投票が実施されている。

投票率が上がると民主党への票が増えるといった恐れ(?)もあり、共和党は平日投票、事前投票、郵送投票に抵抗。

 

ここで語られてないけど、黒人に前科者が多く、投票権を失ってるので、黒人の意見が政治に反映されない、という問題もある。外から見てると、アメリカはピカピカに見えるかも知れないけど、中は結構ボロボロよ。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村