塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

株が下がっているけど、どうしたら良いの?【教えて、デイビッド・カッツ】

塾長です。

Matrix Asset Advisorsデビッド・カッツのインタビュー:

www.youtube.com

・今年は良い年になる。一時的な下落があれば買い。

 我々は、ここ2週間のような上昇局面は追わない。

 今日みたいな日に買いで入る。

・少なくとも6~12か月先を見なければだめだ。

 コロナはこれから悪くなる。

 典型的に、下落は速いが、ひとたび希望の光が見えると同じ速さで戻る。

 バスケットで株を買うこと。

 ホットなテクノロジー企業がよい。AppleマイクロソフトQualcommが下がったら買う。

 長い目で見て良い企業の中に、まだ12倍の株もある。例えばKellog、Viacomm。

 経済に連動する株。例えばUPS。景気が持ち直したら、上昇する。

・回復の形はV字になると思う。

 1Qの結果には影響するだろう。

 しかし、希望の光が見えていれば、問題とはならない。

 失うGDPの全ては取り戻せない。半分は取り戻せる。

・今、危機で買われているもの、債券、ゴールド、Utilitiesには手を出さない。危機後に戻るから。

 一般消費財については、いくつか持っている。20倍以下の企業を狙うべき。

 ブランドがあるからといって25倍の企業に手を出すくらいなら、現金の方がマシ。

 何度も言うが、12か月先をみたとき、12倍、13倍の企業の方が良い。

・今後のワイルドカードとして考えられるのは、選挙。

 バーニー・サンダースがラスベガスで勝った。

 ありそうにないが、サンダースが大統領選挙で勝ちそうだ、となれば、市場にはネガティブ。

 

 

 

この人もマトモな事を言っちゃったYO。

米国内で新型肺炎が急増しないと、株価は大幅に落ちないかも・・・。

 

米国でインフルエンザと診断された人の中に、新型肺炎患者が混じっているのでは?という疑いもあるらしいネ。

それって、日本も同じだよね?

毎日、日本中で”新型肺炎患者が見つかりました!”と報道されているけれど、実は去年12月から既に蔓延していたりして。

そうだとしたら、まさに喜劇。アハハハ。