塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【State Street】投資家はコロナのリスクを再考せよ。

塾長です。

新型肺炎の影響が拡大し、株先物が下落中。

State Streetティモシー・グラフ、Societe Generalキット・ジャックスの話を聞いてみようじゃないカ:

www.youtube.com

・先週までは、新型肺炎新規患者・死者は主に中国だった。

 また、政策によりV字もしくはU字回復するとの期待があった。

 週末から今週にかけ、中国内外で患者数が指数関数的に増加し、リスクを再評価しているところ。

 

・人々の移動は激しいため、この情況はまったく予想できなかったわけではない。

 アジア資産である円、ウォンを激しく売ってきたが、まだ株、特に米国株は堅調。

 下落余地がある。

 

・一般的に逃避通貨はVIXと連動する。

 逃避通貨である円が売られたのは、日本の成長性に心配があるから。

 逃避通貨がダメなので、ゴールドが買われている。

 世界景気が弱含むと考え、逃避通貨ではなく、ドルを買っている。それは米国景気が心配になるまで続く。

 

新型肺炎からの経済の戻りは、V字にも、U字にもならないのではないか。

 スクエアルートのような形になる。全ては戻らない。

 どれくらいまで戻せるか、非常にあいまい。

 どれだけ政策に反応するのか、ボトムがどこなのか分からない。

 完全な揺り戻しがないのは確か。

 

 

ようやく”アナリスト”、”ファンドマネージャ”と呼ばれる人たちが、ポジショントークを変え始めましたネ。

 これを聞いて個人投資家がパニック売りをするか?

 それにヘッジファンドが乗っかり、増幅させるか?

期待しましょう。

VOO、280で指しておこう。

今日中は無理かな。