塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【新型肺炎】米国で流行したらトランプのせい。【なぜ?】

塾長です。

なぜトランプ政権が「新型肺炎は抑制できている」と必死に主張しているの?

ちょっと必死過ぎない?

と思って調べたら、ありました、ありました:

foreignpolicy.com

オバマ政権時代、2014年エボラ出血熱流行があったとき、複数機関(NSC、DHS、NIH、DCD、State Department)が同調して動けなかった反省から、恒久的な伝染病観察&統括チームを作った。

・そして、トランプが大統領になり、(トランプはオバマの遺産が嫌いなので)そのチームに予算を付けず、解散させた。

 

 

このチームがどれくらい有効だったかは分からないけれど、米国内で新型肺炎が流行してしまったら、「トランプのせいだ」と言われるのは間違いない。大統領選挙の攻撃材料にされる。

ダイヤモンド・プリンセスからアメリカ人を退避させた時、感染者も一緒に連れ帰ったら(日本に置いてこずに)、トランプが激怒した、というニュースもどこかにありました。

こんな背景があったとは!