塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【BoA】2020年末のS&P500予想を切下げ。

塾長です。

昨日(米国4/2)はトランプ砲が炸裂し、大幅上昇になりましたネ:

原油減産期待だそうで。

アルゴリズムが反応しただけのような気がしますが・・・。

 

さて、Bank of Americaが、2020年末におけるS&P500価格予想を引き下げたそうですヨ。

予想それ自体よりも、銀行やアナリストがこの手の見通しを出していく事で、全体での合意形成が進んでいく、という意味で、聴く価値はあるでしょー:

markets.businessinsider.com

・2020年末におけるS&P500価格予想を3,100から2,600に引き下げ。

・S&P500企業の一株当たり利益を$138から$115に引き下げ。

・失った企業利益を取り戻すには複数年かかる。金融危機では4年かかった。大恐慌では10年以上かかった。

・企業は2020年に全ての悪材料をウィルスのせいにして、2010年まっさらな状態からスタートするだろう。

・2021年、一株当たり利益は$145~$155に回復するかも知れない。

・パニック売りは、損をするレシピ。最良の日は、最悪の日に続いてやってくるものだ。

・1930年代以来、それぞれの10年期間(30年代、40年代、50年代・・・)のうちのベストな10日に投資しないとすると、リターンは91%にしかならない。ベストな10日間にも投資していれば、リターンは14,962%であったのに。

 

 

こちらは、そのレポートを書いたサビータ・サブラマニアンのインタビュー:

www.youtube.com

基本的に同じ事を言っているのだけど、

・一般投資家はETFを売って、個別株を買っている

と付け加えていたヨ。

 

 

そーねー、個別株も悪くないけれど、鉄板のマイクロソフトは落ちてこないし・・・。

「これだ!」という株がなければ、ETFにしておいた方が無難だと思いますワ。