塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【ジム・チェイノス】空売り投資家はリアルタイム経済探偵。

塾長です。

Kynikos Associates創業者、伝説の空売り投資家、ジム・チェイノスのインタビューだヨ。

トータル1時間弱。それが細切れになってYoutubeに上がっていた。

まずは一つ目:

www.youtube.com

・うちには二つのファンドがある。

 一つは売り専門。1985年からやっている。顧客がヘッジに利用する。

 もう一つは、買いも売りも両方、ネットで買いが多い。今は50%くらいがロングになっている。2月末から3月初めにかけて、ロングのポジションを落とした。しばらくこの状態だと思う。

・ショートのみの方は、、、ずっとショートの状態を保つのが難しくなっている。市場が下げているので、ショートを減らさざるを得ない。

・底を付けたかなんて分からない。

 今客に言っているのは、後ろから前を見ること。

 2019年をベースにして、2020年を無かったことに、そしてコロナ後にどんな姿になっているかを考える。

 おかしな企業、おかしなビジネスモデルの企業が、今も高値で取引されている。

 構造的に利益を出せない企業がある。これらは2019年に赤字。2020年は大赤字になるだろう。そして2021年も赤字だ。

 視聴者は、そんな企業を避けるべきだ。我々は、空売るぞ。

・幸運にも、今週初めにエネルギーのショートを買い戻していた。2017年から言っているように、シェール業者は経済的に成り立っていない。原油が$25でも、$50でも、$70でも利益が出ない。

・一般に忘れられているが、我々のようなショート投資家は、弱いところを買いもする。

・Luckin Coffeeが良い例。ショートしていた。Muddy Watersのおかげ。買い戻した。

 ショートを禁止しろ、制限しろと言う奴らがいるが、空売り筋の間では1月、2月からLuckinは詐欺と噂されていた。

 空売り投資家は、リアルタイムの経済探偵なんだ。

 もしショートを禁止したら、市場から大切な役者を消すことになるぞ。

 

 

 

ここで動画は切られているのだけど、実は続きがあって、こんな事も言っている:

・株価が異常に高騰しているときに株を買えと勧める方が、投資家に経済的ダメージを与えている。

 よっぽど、空売りよりタチが悪い。

 

これの7:13から:

https://www.youtube.com/watch?v=StybwIP8O8k

(ためになるので、時間のある人は全部見た方がイイ)

 

S&P500がPER19倍の時に株を買っちゃいけないってこと。

テレビや投資ブログに煽られて突っ込んじゃった投資家は反省だ!