塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【ジム・チェイノス】巣籠銘柄とフランチャイズ・レストランに気を付けろ。

塾長です。

Kynikos Associates創業者、伝説の空売り投資家、ジム・チェイノスのインタビュー、2つ目:

www.youtube.com

・今のバリュエーションは、ちょっと前より低い。

 我々はいつも機会を探している。

 市場がどっちに行くか分からない。

 我々がやるのは、企業の分析。そして成功してきた。

・バリュエーションが下がったとはいえ、まだ高い。

 警告しておきたいのは、ウィルス関連株。

 CNBCでも、他の局でも「ロックダウンのおかげでうまく行っているXYZ株を買うべきだ」なんて薦めているだろ。

 それらのうち、多くは構造的に成長企業ではない。

 それでも、earningsの30、40、50倍で取引されている。第一、第二四半期に調子が良いというだけで。

 コロナが去った後は、それほど魅力的に見えなくなる。

・Pelaton、Zoom、Cloroxなど。30社のリストを作れる。実際30社のリストを持っている。

・投資家は、それらの会社が2019年どうだったか調べろ。そして2021年どうなるか考えろ。

・ZoomとTeladocに関しては空売りしていない。

 

 

この後もすごく大事な事を言っている。

フランチャイズ・レストランには気を付けろ。ダンキンウェンディーズなど。

・資産が軽い、ロイヤルティー・フィーを集めているだけだと思われているが、これらは土地をフランチャイズ店に貸し付けている。それがレバレッジの一つ目。

 もう一つは、自社株買い。

 フランチャイズ店にもレバレッジがかかっている。

・これが2020年、表面化するだろう。

 

 

チェイノスはショートしていないみたいだけど、マクドナルドも同じビジネスモデル。

というより、これはマクドナルドが発明したモデル。

気を付けよう!