塾長の資産運用

アメリカ帰りの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

米株、またも上昇。もはやチキンレース。

塾長です。

昨日(米国6/24)も上昇。

 S&P500、3,131(+0.43%)、

 Nasdaq、10,131(+0.74%)。

S&Pは、6/11の修正から、まだ立ち直っていない(6/10終値は3,189)ので、まだ上がりそう。

 

ジム・クレイマーは、危ないと警告。

(長いので、縮尺版で)

 

www.youtube.com

・スポーツ・ギャンブラーが株式市場に入ってきた。

 投資初心者が「勝者は勝つ(winners win)」の哲学で買っている。

 モーメンタムで買っている。

 海外投資家が米国株を買っている。

 それらが株価上昇の原因。

・今は投資に良い状況とは言えない。

 それは歴史が物語っている。

 海外投資家は、サイクルの最後の方で入ってくる。世界中で一番ホットな市場を探すからだ。今は米国。

 1987年、日本人が米国株を値段を考えずに買った。それがブラックマンデーにつながった。そのとき、株価はeraningsの27倍だった。日本人はいつもモーメンタムで勝負する。だから、高く買って、安く売ることになる。今回は欧州から来ているが、どこから来ようと関係ない。

 次に、アグレッシブな、投資信託ファンドマネージャー。ドットコムバブルでは、持っている株を買い増し続けた。AppleAmazonFacebookMicrosoftを買い続けている。彼らは止め時を知らない。

 最後は、一般投資家。ギャンブラーで、勝ちか負けかの2択で勝負する。

 彼らが買っているのは、Penn National、Moderna、Tesla、Royal Caribbean、Snap、MGM Resort、Spirit、Norwegian Cruse Line、GoPro、Marathon Oil。

・初心者への俺からのアドバイスは、今のうちに上がった株を売って、質の良い(バランスシートの健全な)ディフェンシブで配当を多く出している株を買え。

 

 

チキンレースの様相を呈してきたかも知れない。

ただ、S&Pは過去最高値3,300までは上がっちゃうでしょう。

そして反転、のシナリオ?