塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【コートニー・ギブソン】それで、お前は死んだのか?

塾長です。

昨日(米国6/25)の米国株式市場はオープン前から下げていて嫌な雰囲気を醸し出していたが、なぜか上昇して終了。

 S&P500、3,083(+1.10%)

 Nasdaq、10,017(+1.09%)

後付けの理由はたくさんある。

過ぎて書ききれないので、Bloombergにお譲りする:

【米国市況】株が反発、コロナ感染者急増と追加刺激策を両にらみ - Bloomberg

結局は、S&P500は3,000、Nasdaqは10,000の水準を守るという事ですナ。

(それ以下になると、買いが入る。上回ると、利確される)

 

指標は失業保険と耐久財。

 新規失業保険申請件数、148.0万件(予想133.5万件)

 失業保険継続受給者数、1952.2万人(予想2000万人)

「期待されていたより失業者が減らない」との解説があるけれど、不正受給が多いのでしょう。

米新規失業保険申請、148万件に減少も2週連続で市場予想上回る - Bloomberg

 

 5月 耐久財受注[前月比]、15.8%(予想10.9%)

 同、輸送用機器除く[前月比]、4.0%(予想2.5%)

 こちらは良い感じ。

米耐久財受注、5月は15.8%増-約6年ぶりの大幅な伸び - Bloomberg

 

Loop Capital President コートニー・ギブソンが投資家のセンチメントに関して面白い事を言っていた。

youtu.be

・株の上昇には様々な理由がある。

 結局は、市場は上昇したがっているのだと思う。上昇する意思を持っている。

 確かに、コロナ患者は増え続けている。

 ハングオーバー(←多分、映画のこと)で、こんな言い回しがあった。「それで、お前は死んだのか?」と。

 今は、患者数が増えても、死者数が増えない限り、大きな問題にならない。

 コロナにかかっても治ると分かったからだ。

 市場は患者数・入院患者数に対する死者数を見ている。

 そして、FED流動性に支えられている。

(このあと、銀行の話に移るので割愛)

 

 

アメリカ人、さすが。

前向き。ポジティブ。

尊敬する。

ホント。

 

www.imdb.com