塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

米銀、自社株買い解禁。

塾長です。

昨日(米国12/18)の米株市場は、下落。Quadruple Witchingでした。

 S&P500、3,709(-0.35%)

 Nasdaq、12,755(-0.07%)

 Russell2000、1,969(-0.41%)

【米国市況】株式は反落、経済対策で新たな争点-ドルは反発 - Bloomberg

 

債券、為替、コモディティは、

 原油、49.07と好調。

 10年債、0.9480。再度、1.0%にチャレンジ。

 ドル円、103.2750。

 Bitcoin、22,974。

米株市場で仮想通貨銘柄が急伸、ビットコイン2万3000ドル突破で - Bloomberg

 

指標は、

 11月 景気先行指数総合[前月比]、0.6%(予想0.5%)

 

FRBが銀行の自社株買いを一部解禁。

CNBCの報道(下のリンク)では、2021年第一四半期、収入に依存する形で、配当と自社株買いが制限される(禁止ではないヨ)らしい。

FRB、銀行の自社株買いを解禁-ストレステストの結果良好 - Bloomberg

www.youtube.com

 

さっそくJPMorganが、21年1Qでの$30B自社株買い、配当維持を発表(After hourに)。株価(時間外取引)が5%弱上昇。

J.P. Morgan announces $30B buyback and maintains dividend - YouTube

 

こちら、CNBCによる解説:

www.youtube.com

ポイントになりそうなのは2点。

1.RBC Capital Marketsのジェラード・キャシディー「自社株買い・配当解禁は予想されていなかった。長期の追い風になる」

2.CNBCキャスターのマイケル・サントーリ「一部の人が言っているように、恐れていた程には、貸し倒れが増えない、銀行は積立金を過大に持っている、という事かも知れない」

 

 

興味深いのは、一昨日パウエルが「トンネルの先に光は見えているが、これから数か月、経済は厳しい」と言っていたのに、この決定が行われたこと。

矛盾している。

もしや、イエレンーパウエルで何か取り決めがあったか?

来年早々(政権交代直後)、コロナ被害の大きい業界、個人に対する財政が出るのかも。しかも、大きめのヤツ。

やったネ。

ただ、そうすると、ドル安・円高

何事も完璧には行きませんナ。

弱小投資家なので、ドル売りなんて怖くてできません。

Bitcoinでも買うか(いや、買わない)。反語。