塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【トニー・ドワイヤー】市場は順繰りに修正されている

塾長です。

昨日(米国5/26)の米株市場は、ちょこっと上昇。

 S&P500、4,195(+0.19%)

 Nasdaq、13,738(+0.59%)

【米国市況】株が反発、小型株・経済再開銘柄が主導-ドル上昇 - Bloomberg

 

 

債券、為替、コモ:

 10年債、1.5740

 ドル円、109.17

 Bitcoin、39,206

投資家カール・アイカーン氏、仮想通貨への「大々的」な関与を検討 - Bloomberg

 

 

重要経済指標の発表なし。

 

 

金融政策:

今日もFRB幹部が資産買取縮小の地ならし:

クオールズ氏、テーパリング議論開始が重要に-今後数カ月の経済次第 - Bloomberg

そして、議会は大手銀行CEO叩き。お芝居とも呼べない、小学校の学芸会レベル。

米大手行CEOを痛烈批判、短期利益でなく労働者支援を-上院委員長 - Bloomberg

 

 

個別株では、ようやくAmazonがMGM買収を発表:

アマゾン、映画制作会社MGM買収で合意-コンテンツ拡充へ - Bloomberg

事前のリークがあったので、株価に動き無し。

 

 

 

最後は、Canaccord トニー・ドワイヤーのインタビュー:

www.youtube.com

ー(以前に主張していた)10%の修正はどこに行った?

Nasdaqのいくつかの銘柄、SPACには下げたモノがあった。4月初旬にたくさんあった綿埃は払われた。買われ過ぎの状態は変わらない。しかし、センチメントに変化があった。National Association of Active Investment Managersのセンチメント・インデックスは低下した。これはrolling correction(異なる株、セクターが順番に修正される)なのだ。次に起こる場所は、皆がいる場所だ。丁度1年前、我々は攻撃的なポジションを取った。当時は人気が無かった。FAANGは下げていて「なぜFAANGなんて買うんだ」と言われたものだ。まぁ、去年10月以降FAANGは動いていないが。この急激に経済成長が起こっている状況、インフレ圧力がある状況では、皆が景気循環株にポジションを移している。夏にかけて、その傾向は続くだろう。

ーちょっと待ってくれ。あなたはS&P500に10%の修正が入ると言ったはずだが。FEDはテーパリングしようとしているのに、市場は「だから何なの?」と肩をすくめ、10年債は1.56%に下落した。

・私も同じ質問を受ける。「なぜインフレ期待が継続的に高まっているのに、10年債利回りが1.56%なのか?」と。(債権を)売っている人より、買っている人の方が多い、としか言いようがない。4月、$68Bの国債が発行された。FEDが$80B買っていた。それは銀行による政府保証証券の買入を含んでいない。政府かこれだけカネを配っているのだから、そのカネはどこかに投資されなければならない。それらは高成長株に行くのではない。安全な資産に行く。銀行システムの中に、これだけ大量のカネがあり、(債券に対する)需要は非常に大きい。

(このあと省略)

 

 

 

プロたちは、株価を落としたくて仕掛けているのだけれど、一般投資家の買いに押されて、負けている、って状況でしょうか。

トニー、素直に「間違ってたよ、ゴメン」って言えばいいのにネ。

”rolling correction”と呼んでいる事象は、起こっているようで、超割高株は修正されている。

例えば、Tesla。今年1月26日の高値から、30% down。

f:id:alibertarian:20210527092241p:plain

Tesla 6M 2021/5/26 - Yahoo Finance

こういう値動きを見ていると、「一夜にして大金持ちになろう」と考えるのは止めておこうと思いマス。