塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【ガンドラック】株高を支えているのはFEDのQE。物価高継続ならばFEDは対応を余儀なくされる【更新1】

【更新1】CNBCによるジェフリー・ガンドラックのインタビューですが、Double Line CapitalのYoutubeチャンネルに完全版が載っていたので、その内容を入れて更新しました(2021/7/18、20:43)

 

塾長です。

一昨日(多分米国7/15)の動画ですが、債券王 ジェフリー・ガンドラックのインタビューが2本上がっていたので、ご紹介:

www.youtube.com

ーあなたが我々の番組に最後に出演したのは1月11日でした。その時あなたは「株式市場のバリュエーションは非常に高い」と言っていた。しかし、S&P500はそこから16%上昇した。ほぼ毎日最高値を更新している。この状態をどう見ているか?

・非常にバリュエーションが高い。1月にも言った事であるが、この株のバリュエーションの高さの奇妙な点は、債券に比べると安い事だ。今も株は債券に比べると安い。なぜなら債券利回りがバカみたいに低いからだ。FEDQEと株高の関係は、まるで物理法則のようだ。FEDのバランスシートをS&P500の時価総額で割れば、ほぼ定数だ。この現象は10年ほど前から起こっている。FED国債を買い続け、利回りを低く押さえつけ、株式市場を支えている。もちろん、経済刺激策も株式市場をサポートした。ある意味、経済刺激策は、FEDの債券買入と同じ効果をもたらす。このようにして株高は支えられている。

 問題なのは、経済刺激策が終了し、FEDが「インフレは一時的」と言えなくなってきていること。PPIは高かった。輸入価格は11%上昇。CPIは5.4%。これらの数字は70年代を思い起こさせる。実際、多くの事が70年代を思い起こさせる。米国はアフガニスタンから撤退した。70年代、ベトナムから撤退した。70年代には、”Guns & Butter”のインフレがあった。今は、学資ローン免除、追加の失業給付金などがある。それらが株高を支えている。コモディティー価格を高いままにしている。債券利回りを低いままにしている。インフレ率に比べて、馬鹿のように低い。

 最近の値動きをみていると、FEDは30年国債利回りを2%辺りに留めておきたいようだ。それは私が期待していたよりも低いものだ。

 

 

www.youtube.com

・もう一つ言っておかなければいけない事がある。年金基金だ。多くの年金基金金融危機以来、最高の状態になっている。彼らがその状態を維持したいがために、長期国債を買っているのではないか。低利回りの債券を買うのは奇妙に思うかも知れないが、別の動機があるのだ。あたなが年金基金を運用しているとしよう。多くの弱気相場を経験する。その時、株は30、40%下落する。何度もだ。そうすれば、そのような悪い感覚を避けたくなる。私は、年金基金が長期国債の買い手だと思う。

 しかし、長期国債に対する実際の金利を見てくれ。ジミー・カーターの時代のようだ。CPIは5.4%であるのに、10年債利回りは1.4%にも満たない。マイナス4%の金利だ。それはジミー・カーターの時代だ。債券は、株に対して安くない。インフレに対して安くない。しかし、(債権を購入する)動機は、会計上の理由とさえ言えるだろう。そんなマイナス利回りの長期債を買う多くの課税対象となる一般投資家がいるとは思えない。しかし、供給ー需要の構図では、FEDが巨大な買い手であるのを忘れてはいけない。要するに、銀行、外国人、年金基金、それらが低金利の原因だ。そして、FED短期金利に対して圧倒的なコントロールを持っている。FED短期金利ゼロにコミットしている。FEDは私がこの番組で使った言い回しを借りたようだが、FEDは利上げを考える事を考える事もしていないと言っている。しかし、彼らはそこから離れようとしているようだ。玉ねぎを一皮ずつ剝くように。いつかインフレに関わるデータを考慮しなければいけなくなる。CPIが5%台というのはある意味驚くべき(a sort of shocking)数字だ。PPIが9%台というのは真に驚く(truely shocking)べきだ。もしこのような数字があと2か月続いたら、FEDはリアリティーチェックを余儀なくされる。

 

 

さて、色々難しい解説をしていますが、投資家として何をすれば良いでしょう?

債券買入を縮小(QT)しても、FEDのバラスシートは膨らんだまま(もっと正確に言うと、減速するだけで、バランスシートは膨らみ続ける)なので、ガンドラックの定理(FRBのバランスシートとS&P500時価総額の比率は一定)に従えば、株は下がらない(ゆっくり上昇する)。

なので、7~9月辺り、QTがニュース見出しを飾り、みんながパニックになって株を売ったら、買い。で、宜しいでしょうか?

ふふふ。

 

 

インタビュー完全版は、ガンドラックのファンド、Double Line CapitalのYoutubeチャネルに掲載されてました:

www.youtube.com

上記2つのクリップは、完全版の0:49、15:40から切り取ったモノ。

時間のある人は、完全版(36分)をどうぞ!